So-net無料ブログ作成

夏空を追いかけて北海道・・・⑭札幌から、ニセコは近かった [2019・7月北海道]

ほぼ一泊しただけで、札幌の町とはお別れ。また訪れる機会はあるものと思いつつ。。
ニセコへ0.jpg
遠方まで足を延ばさなかった今回、今宵の宿はニセコ。ニセコと言っても正確には倶知安町ですから、一般道を使って南下しましょう。(今日の画像もまた、どれも見苦しいものばかり。お許しくださいね。)
ニセコへ1.jpg
藻岩山、定山渓温泉、豊平狭と過ぎて、札幌から約一時間。
  ニセコへ2.jpg
紅白の矢印、真冬にはその下まで降雪があると言う事。土地勘のない旅行者は通行しない方がいいかも。
ニセコへ3.jpg
途中の中山峠、頂上に位置する「道の駅望羊中山」で一休み。
ここで子供たちが盛んに頬張っていた、名物「あげいも」(^o^)
羊蹄山麓で採れた男爵のみを生の状態で仕入れ、望羊中山で加工・調理している。ジャガイモの甘さ、ホクホク感が想像出来食べたかったけれど・・・見るからにズッシリ!重量感のあるお芋が食べられるはずもなく・・・仕方なく断念する!
神戸から来たとのお猿さんがパフォーマンスショーをやっていましたが、芸の最中もずっとチラ見[目] お芋の魅力が勝っている様子でした(^-^)

ニセコへ4.jpg
スキーの名所として知られるニセコですが、夏は避暑地として、ニセコはホテルの建設ラッシュ中。
パークハィアット、リッツカールトンが建設の最中で、地価の上昇率は約50パーセントとか。
バブル崩壊後に参入してきたのは、オーストラリア人。その後はアジア資本へと。
真冬のニセコはまるで海外 !!ショップの客も、スタッフも外国人の為、 日本人はどこ?…状態になると言います。
世界一の雪質=パウダースノーを求めるオーストラリア人が頻繁に訪れるようになり、再開発が急速に進みました。各国のスキヤー、そして夏休みはアクティブスポットとして、人気の高い地域へと変貌を遂げたニセコです。

ニセコへ5.jpg
ここで街巡りを楽しもうにも雨。蝦夷富士と呼ばれる羊蹄山(ようていざん)も見えていたが、雲に覆われて全容は見えない(ノ´□`)ノ う~ん、ほとんどが雨雲の中でした[たらーっ(汗)]

北海道の至るところで目にする、大型で強剛な植物「エゾシシウド」。対して少し可愛らしい、こちらは「ミヤマゼンコ」でいいのかな?
「ひらふウェルカムセンター」前で[カメラ]
ニセコへ6.jpg
開花した状態、開花前、更にその前のモジャモジャの状態と・・・。

北海道のご当地コンビニ「セイコーマート」で、喉を潤し時間をつぶす。これなら洞爺湖で遊んできた方が良かったかもしれない。しかし、雨でしたから[あせあせ(飛び散る汗)]
泊まるのは羊蹄山を望む、ニセコアンヌプリ山麓に建つホテル「木ニセコ」です。
ニセコへ8.jpg

どこも立ち寄りせず直行したので、グランヒラフに早く着いてしまいました。
チェックインは15時なのだけど、雨で時間を持て余してしまって・・・2時まで待ち、ダメ元でフロントへ。入室可能か尋ねてみましたら・・・快く「大丈夫ですよ」との事。
        ニセコへ9.jpg
その上私の足を見て、「玄関前でお下り頂き、私共がお車の移動を致しましょうか?」=バレーサービスもしてくれるんですって[グッド(上向き矢印)] チェックイン時に、貸切風呂の予約もしました。
続きますね。
thanks(74)  コメント(14) 
共通テーマ:旅行

thanks 74

コメント 14

英ちゃん

こうやって北海道の記事を読んでると行きたくなっちゃうな(゚□゚)
でも行けないけどねw
ぁぁ、オフ会は何時も参加してくれる人たちがパスの場合は早めに見切りを付けちゃいます(゚□゚)
まぁ、今月は別のオフ会もあるんだけどねw
by 英ちゃん (2019-09-01 01:01) 

pooh

こんにちは(^_^)
宿泊された「木ニセコ」はホテルのアプローチから素敵ですね!カラフルな牛のオブジェも楽しいです。
雨の日の観光は私も時間を持て余すことが多く、カフェや道の駅などの滞在時間を長めにとったり。早めにチェックインできたのは良かったですね~!以前何度か宿泊した旅館にもバレーサービスがありました。宿と駐車場が少し離れている理由からですが、チェックアウト時には、宿所有のリムジンで駐車場まで送ってもらったことも。短時間でしたがVIPになった気分で楽しかったです。
これからの記事も楽しみにしています(*^_^*)
by pooh (2019-09-01 07:27) 

yoko-minato

ニセコ・・・いまや海外資本が入って
日本ではなくなるような感じですか!!
でも素晴らしい景色ですね。
ホテルに早く着いてしまった時に
早めのチェックインは助かりますよね。
by yoko-minato (2019-09-01 08:04) 

hana2019

英ちゃんさんへ
おはようございます。
今週末は予報に反し、雨は降りませんでしたね。
残念であったオフ会、しかし次が控えているとは・・・サスガは英ちゃんです事^^

poohさんへ
おはようございます。
この旅の中で一番お高いのがこちらのホテル…と言っても、全く大したことないですけど、それでもそれなりの満足感はありました。
雨降りでなかったらもう少し南下して、観光後に着くようにすれば良かったものの。しかしその分ホテル内でユックリ過ごせたのは幸いでした。
バレーサービスはこれまで数回、ちょっとしたところはしてくれますものね。ただこちらホテルの駐車場は近くて建物のすぐ真横、きっと気の毒に思われたのでしょう・・・トホホ。
いずれにせよ旅先は非日常の一時、どのような状況でも楽しんだが勝ちと思っておりまする。
九州地方は大雨で大変なご様子ですね。福岡はどのような状況か?不明ではありますが、どうかお気をつけて。

yoko-minatoさんへ
おはようございます。
ホテル、商店ならまだしも、羊蹄山山麓の良質な水を求めて、山毎買い占めてしまうC国資本など、放っておいたら皆持っていかれてしまいます。すでにその段階を過ぎているとか。
雨のせいもあったでしょうし、他の部屋はまだお掃除中ながら、チェックイン可能で助かりました。たったそのくらいでも、宿の印象は変わるものですね^^
by hana2019 (2019-09-01 10:38) 

まつき

積雪時の目印を見ると、ハンパないんですねぇ!
それだけ降ったら、溶けなさそうに思えてしまいます(^^;
緑の牛さん、可愛い~と思ったら、後ろの方にも!!
「映え」狙い?? 確かに各色撮りたくなるかも(笑)
素晴らしい雪質のニセコ、海外に奪われてるようで、
モヤモヤ感で一杯です( ;∀;)
by まつき (2019-09-01 11:06) 

hana2019

まつきさんへ
カラフルな牛たち・・・カウパレードだそう。女子受けしそうですね^^
幸い宿泊したホテルに、C国人の姿はありませんでしたけど、オーナーはオーストラリア人とか。
日本人もドーンとこうしたところを購入しないと、良いところを海外へ持っていかれてしまうでしょう。
by hana2019 (2019-09-01 11:58) 

八犬伝

ニセコは、オーストラリアの人々が良く行くみたいですね。
街中のレストランなんか
冬場になると、オーストラリア人だらけだと
聞いた記憶があります。
by 八犬伝 (2019-09-01 12:34) 

ゲンさんおかさん

ニセコはスキーに2~3度行きました。
当時は外人の姿は疎らだった気がします。
大してサホロはクラブメッドがあり、
以前から外人が多かったです。
外人ばかりのスキー場。
ますます行きたくなくなります。
もう出来ないからいいけど・・・。
by ゲンさんおかさん (2019-09-01 13:33) 

hana2019

八犬伝さんへ
南半球にあるオーストラリア、その冬がどうなのかは知りませんけど、こちらの雪質は良いみたいですね。
上のホテルも知らずに泊まったものの、オーナーはオージー。
レストランホールのトップも、オーストラリア在住時に誘われて、こちらで働くことになったそう。

ゲンさんおかさんへ
ダイビングをする友人も、クラブメッドをよく利用してます。
アクティビティ、食事とオールインクルーシブだから楽チンだって^^
夫婦して海も、スキーも縁のない私達は、今後も利用することはないものと思えます。

by hana2019 (2019-09-01 14:44) 

ヤマカゼ

5枚目の赤い屋根もいい感じですね。
by ヤマカゼ (2019-09-01 19:13) 

末尾ルコ(アルベール)

緑色に光る牛さんですね~。やけにインパクトがあって、こういうのは好きです。
インパクトと言えば、そっけない矢印も知らなかったらぎょっとします。何の変哲もないデザインだけに、逆に旅情を掻き立てられます。

いつも母へのお言葉有難うございます。hana様のご経験のお話、そしてこうして人生を愉しんでおられるお姿にいつも勇気を与えられております。毎日かなり歩行距離も出てきて、大腿部骨折時のことを思えば夢のようです。しかしもちろん難関は無数にあります。気を引き締めて毎日を送ります。        RUKO


by 末尾ルコ(アルベール) (2019-09-01 21:16) 

hana2019

ヤマカゼさんへ
ここは日本であっても、日本ではないらしいです^^

末尾ルコ(アルベール)さんへ
建物の外観、内装もながら・・・どちらも景観の邪魔をしないナチュラルティーストなので、こうしたところに遊びが出ているんでしょう。
>そっけない矢印も知らなかったらぎょっとします。
それは、この辺りまでと言う積雪の目印の事でしょうか?雪の多い北国ではこれ、道路に立っているのはお約束なのです。

私も退院時には、これからの長い人生どうしたらいいのか?果たして乗り越えて生きていかれるのかと途方にくれたものでした。しかしそうした状況下だからこそ問われる人間の真価、強い意志。
今、RUKOさんがもたれている強い覚悟があれば、きっと乗り越えられますとも!

by hana2019 (2019-09-02 11:07) 

ぼんぼちぼちぼち

へえ、ニセコ、以前から観光地として有名なのは知ってやしたが、ここまで人気沸騰してるのでやすね。
スタッフさんが外国人のかただらけになるというのには驚きでやす。
by ぼんぼちぼちぼち (2019-09-02 14:16) 

hana2019

ぼんぼちぼちぼちさんへ
ニセコとしてはオフシーズンのこの日も、レストランではロシア娘が、支配人はシンガポール育ち、オーストラリアでスカウトされてきた日本人。つまりどちらも、何か国語も話せると言う事で・・・。
これが冬になったら、日本語の方が通じない事態へ。恐るべし、ニセコであります^^
by hana2019 (2019-09-02 15:41) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。