So-net無料ブログ作成

夏空を追いかけて北海道・・・㉑小樽「祝津」エリアを観る [2019・7月北海道]

7月28日(日)
小樽市内の北側にあり、街の中心部からは離れている「祝津(しゅくつ)」。
小樽2.jpg
小樽と言えば、かつては鰊漁で大いに栄えた町。鰊御殿のあるこの地域へは足を向けていなかったから・・・、夕方のフェリーの出発時刻まで出かける事としました。

おりしもこの日28日は「おたる潮祭り」の開催日。
小樽1.jpg
潮ねりこみ、神輿パレード、潮太鼓など、とにかく熱気あふれるイベントが目白押しの週末3日間。運河沿いの道路は、観光プラス神輿パレードで人が溢れると予想をし・・・蒲鉾「かま栄」では朝の内にショッピング♪

JR小樽駅から30分足らずの距離に関わらず、漁村集落といった様相を残す祝津エリアは、観光客で賑わう街の中心とは異なった趣を漂わせていました。
岬の上に見える小樽市鰊御殿、駐車場に車を置き、坂道をヨイショヨイショと上って行きます・・・。
そうしましたら、なんと!隣接するのは30年前に訪れた「おたる水族か館」ではありませんか[るんるん]
小樽3.jpg
小二であった息子の為、北海道の風景を眺めるだけでは退屈してしまうと来た「おたる水族館」でした。ナビもないあの頃、二度目の小樽とは言えよくこんなところまで来られたもの[exclamation] 
    小樽9.jpg
1897年(明治30年)積丹の泊村に建てられ、1958年(昭和33年)に現在地へ移築復元した…との「小樽市鰊御殿」。
    小樽4.jpg
靴を脱いで上がるのが面倒で、内部の見学は省略[あせあせ(飛び散る汗)]
小樽5.jpg
                   小樽6.jpg
泊村の鰊親方、田中福松が1891年(明治24年)から7年をかけて建築した。「たも・せん・とど松」といった北海道産の原木、東北地方から取り寄せた檜等…約540tが使われており、現代家屋に換算したら、30坪の家20軒分にもあたるとか。
明治時代の原型をとどめた、華やかなりし…往時を偲ぶ貴重な鰊漁場建築と言えましょう。
        小樽7.jpg
祝津海岸の岬は、まさに展望スポット[ぴかぴか(新しい)] 奥に広がる石狩湾と大海原を広く見渡せる・・・訪れる人も疎らな、しかし絶景の展望スポットでありました。

祝津地区の漁村集落といった素朴さを感じさせる家並みの中、ひと際異彩を放つ「小樽貴賓館(旧青山別邸)」には驚かされます。
小樽10.jpg
祝津三大網元のひとりであった、青山政吉とその娘によって大正12年(1923)建築。敷地面積約1500坪、広大な緑の庭園、木造二階建て家屋は建坪190坪・・・と、当時には考えられないほどの贅沢さを見せる別荘です。
        小樽11.jpg
鰊漁大網元の財と威信。17歳の少女の夢により建造された、「北の美術豪邸」と言われる・・・道内屈指の大豪邸。
鰊2.jpg
欅造りの華麗な瓦屋根の邸宅。北限とも言われる、樹齢100年以上の赤松が出迎えます。
    鰊1.jpg
正面玄関を入ってすぐ横、鰊漁の栄華を偲んだ昭和の名曲「石狩挽歌」ゆかりの地である記念碑と、作詩家直筆の歌碑がありました。作詩 なかにし礼・作曲 浜圭介・歌 北原ミレイ。
鰊3.jpg
和食レストランを併設した、貴賓館の全景にも驚かされます。
鰊5.jpg
紫陽花の花がまだ残っていましたが、牡丹・芍薬・桜・梅・つつじなど、季節に応じて咲く花々の彩る美しい庭園も見逃せません。
        鰊6.jpg
小樽貴賓館1階ホールでは、北海道ゆかりの日本画家による豪華な天井画の競演あり[ぴかぴか(新しい)]この先の内部は、撮影禁止となっていました(=_=;)

※明治から大正にかけて北海道の日本海側、前浜一帯は鰊の群来とともに、海は銀色に輝き、無数のカモメが飛び交い、漁師達は先を競い舟を漕ぎ出した。
浜は水揚げで活気に満ち溢れた・・・ 小樽周辺には忍路、高島と好漁場があり、漁業が繁栄をきわめていました。
そうした悠久の浪漫に浸り、当時の鰊の大漁と繁栄ぶり。鰊業が全盛期であった歴史の残る。「海の街」として魅力をもつ・・・祝津観光でした。
thanks(72)  コメント(17) 
共通テーマ:旅行

thanks 72

コメント 17

とまと

貴賓館はさすがにすごい建物ですね~
by とまと (2019-09-18 22:03) 

hana2019

とまとさんへ
こんなところに?…と思われる場所に、これ程立派な建物がいきなりで驚かされました!
by hana2019 (2019-09-18 22:46) 

英ちゃん

石狩挽歌
懐かしいな(゚□゚)
1975年に発売された曲らしいけど、この頃から既に鰊は獲れなくなって来てたんだよね。
by 英ちゃん (2019-09-19 00:13) 

Yamamoto

こんばんは、hanaさん、
昔はナビが無くても何所へでも行けましたね。
今でもナビの無い車も乗っていますが、結局はスマホのナビを
使ってしまいます。
初めて小樽へ訪れた時、この小樽貴賓館も見学しました。
by Yamamoto (2019-09-19 00:39) 

ヤマカゼ

黒い塀に赤松、青空がきれいですね。貴賓館凄い造りですね。
by ヤマカゼ (2019-09-19 07:36) 

hana2019

英ちゃんさんへ
おはようございます。
北原ミレイはすきでもありませんけど、なかにし礼の作った歌詞は、当時の様相をよく表しているものに思えます。
鰊が捕れたのは昭和の初めころまででしょうから、鰊、カズノコ共にすでに高級品となってしまっています。
Yamamotoさんへ
おはようございます。
そうでした。かつては地図だけを頼りに、日本中どこへでも行っていましたのに…。それが今ではナビ、プラススマホですものね^^
おお、小樽迎賓館は訪問済みでございましたか!

ヤマカゼさんへ
おはようございます。
雪の多い北海道でこうした瓦屋根の黒塀は珍しいとか。贅を尽くした建物は驚き以外にありません。
by hana2019 (2019-09-19 08:31) 

ゲンさんおかさん

このコースは、パック旅行で行きました。
時間が短かったので、記憶が薄いですが、
写真に見覚えがあります。
水族館がもっとゆっくり見たかったことだけ
覚えています。
パック旅行じゃだめですね・・・。
by ゲンさんおかさん (2019-09-19 08:53) 

よーちゃん

天井画、すごいですーっ!(@_@)!!
by よーちゃん (2019-09-19 09:04) 

tarou

小樽は良いところですね、以前お寿司を食べに
行きましたが、今度は鰊御殿を見に行きたく
なりました。

by tarou (2019-09-19 09:24) 

まつき

天井画、見事ですね~!(^^)!
1枚1枚じっくり見たいところだけど、上を見上げると
確実にひっくり返りそうです(;^ω^)
こんな綺麗な折り紙でも売っていたら、使い道は皆無でも
買ってしまいそうです(笑)
by まつき (2019-09-19 10:19) 

サンダーソニア

北海道ゆかりの日本画家による豪華な天井画>>
素晴らしいですね。
↑折り紙の発想はありませんでした^^;
by サンダーソニア (2019-09-19 12:23) 

hana2019

ゲンさんおかさん様へ
ご安心ください^^
私作成のパックツアーの為、家の夫も帰ってくると即!忘れます・
だから行ったところの説明も無理、どちらも私に丸投げなのです(=_=;)

よーちゃんさんへ
スゴイのは天井画だけではありません、どこを見ても目を見張る!これ、間違いありませんから‼

tarouさんへ
小樽観光と言えば、お寿司に、運河そいの観光ながら・・・時間のあった今回、小樽の様々な顔が見られて本当に良かった・・・と思いました。

まつきさんへ
貴賓館はホールだけでなく建物の大きさ、贅沢な造り。青山別邸の歴史ある佇まいと広い庭園の見事さと!
予定していなかった場所ながら、全てに圧倒されました!

サンダーソニアさんへ
絢爛豪華な色彩、装飾に…ドイツ、フランス、スイスと言ったヨーロッパの城の天井画みたいと思ってしまいました。
>折り紙の発想はありませんでした^^;
同じく、私もです^^

by hana2019 (2019-09-19 13:25) 

yoko-minato

小樽貴賓館・・・素晴らしい建物ですね。
天井に書かれている作家さんの絵一つ一つ
見てみたいです。
by yoko-minato (2019-09-19 16:17) 

hana2019

yoko-minatoさんへ
こちらの天井画もながら、この奥のレストランでは当然、食事がとれるのです。空腹でなかったのと、お値段が高そうに感じて覗いてもみませんでしたが、素敵な雰囲気、庭園と石狩湾の眺めは最高だったかと想像します。
by hana2019 (2019-09-19 16:40) 

八犬伝

鰊御殿ですね。
ここは、下から見上げることしかしたことがないのです。
by 八犬伝 (2019-09-19 20:22) 

末尾ルコ(アルベール)

このような威容も旅の愉しさですね~。こうした建物のすぐ近くに住んでいたら普通に感じるかもしれませんが、旅行先で見ると(来てよかった~)と思ってしまいます。何事も大きな建築物を造る時は、100年後200年後、あるいはそれ以上のスパンで考えてほしいですね。もっとも、建築直後は大不評だったエッフェル塔が、もうずっと世界一有名な塔だという例もありますから、ものごとの評価は分かりません。

渡辺謙って、そうだったのですか(笑)。知りませんでした。と言いますか、あの人もう一つ色気が感じられないので、積極的な興味を持てないのです。              RUKO
by 末尾ルコ(アルベール) (2019-09-19 21:35) 

hana2019

八犬伝さんへ
お時間がなかったからでしょうか?…かく言う私も、内部の見学は省略してしまいました。

末尾ルコ(アルベール)さんへ
小樽貴賓館は、海を見下ろす山の途中に建っていて、今ではその周囲、小樽のベッドタウン的な雰囲気が漂う、真新しい住宅地に感じられました。
エッフェル塔は確か、パリ万博の目玉として建設、取り壊す運命にあったものが現代まで残っている。
今やパリの名所として親しまれる存在として・・・私もツアーのフリータイムに母と上りましたとも(笑)
エレベーターが二機も故障したと、あちこち連れまわされた挙句に…と言った辺りが、いかにもストライキ大好きなおフランスらしいです!
ルーブル美術館もストで入館不可、凱旋門もエレベーターが壊れていた・・・そんな我が日本では考えられない事態ながら、そこが名だたる美と文化の街‼ そのような些細な事態、パリは街全体に魅力があるから困らないのでしょうね。
渡辺謙の英語力はそれほどではないにせよ、ブロードウェイの「王様と私」では、魅力あふれる王様を熱演したとか。
私自身は、世界のwatanabeになってからの彼には、魅力が見出せません。
by hana2019 (2019-09-19 23:07) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。