So-net無料ブログ作成

夏空を追いかけて北海道・・・㉒二度目の新日本海フェリー [2019・7月北海道]

快晴も相まって、思いがけず満足感のあった、祝津観光を終え・・・スーパーに立ち寄りはしたものの、小樽の町は素通りします。
小樽12.jpg
いよいよ北海道を離れる時が来た。これまであちこちでメロンや野菜が並んでいるのを見たが、ずっと買えないでいた。

本州~北海道を結ぶ交通手段はとしては航空機、北海道新幹線とあるものの…乗り慣れたマイカーと移動する船旅の便利さにハマっている私達。
フェリー1.jpg
予約してあった「新日本海フェリー」の、新潟港行き「あざれあ」。
前回の「らべんだあ」に続き、三菱重工業下関造船所にて命名進水式が執り行われた本船は、2017年6月から小樽 - 新潟航路就航の新造船。
出港するフェリーターミナルの場所はわかっていたが、今回なぜか同乗者は車両と一緒には乗り込めないシステムへと変わっていました。 
船内の探索をする気はなかったけど、出港90分前からの手続きが終われば、乗船可能。
        小樽13.jpg
帰路はアウトサイドの個室を予約。ステートAツインの442号室へ。
        フェリー12.jpg

フェリー2.jpg
ベッドは小さ目ながら、テレビ(BS対応)、冷蔵庫、ロッカー。部屋着のガウン、スリッパ、手前のディスクにはお茶セットとポット、ティッシュ、歯ブラシ、ドライヤー等の設備品。
フェリー3.jpg
                      フェリー4.jpg
大浴場を利用する人が多いからかしら?コンパクトにまとまったシャワー、洗浄機付トイレ、洗面所。バスタオル&フェイスタオル、シャンプー・リンス、ボディソープは揃っている、手ぶらでも大丈夫かと思います。
フェリー5.jpg
いよいよ出港。カモメが盛んに飛んで追いかけてきて、煩いくらいでした。
フェリー6.jpg
北海道とはお別れ。海から小樽の街を眺めましたが、あまりにも天候がよくないのです。
        フェリー7.jpg
積丹岬もうっすらと。。前回の窓なしでも一晩ならじゅうぶんと感じましたけど、海が見えるアウトサイドにして良かった[るんるん] 
船内レストランの評判はイマイチだし、出費も抑えたくて乗船前に小樽イオンでお買い物。部屋でゆっくり食べました。
    フェリー9.jpg フェリー11.jpg
珍しいビールに、ボンビーっぽい海鮮丼(^-^; 夫のも似たような内容。何分にも年金暮らしの身ですから[バッド(下向き矢印)]
    フェリー8.jpg     
遠くなっていく陸地をボンヤリ眺めながら…楽しくて、涼しかった、ひと夏の旅のなごりを惜しむ。

広いエントランス、船内はお盆の帰省ラッシュ前で、程よい空き具合。
フェリー13.jpg
フェリーと言ってもレストラン、カフェ、ゲームコーナー、北海道と行先である新潟の物品の並ぶショップ。それ以外に浜焼きコーナーなど…工夫が凝らされていて飽きません。
この日は「秋田フェア」が開催されていました。ビンゴ大会、船上コンサートは「二胡の演奏」との事で参加せず。
フェリー10.jpg
北行きと南行きの船がすれ違う様子に旅情をかきたれる、船旅ならではの臨場感もあり。

7月29日(月)
起きたらこの日も、夜がスッカリ明けた後。
フェリー14.jpg
船内での飲み物、お菓子、翌朝の果物、パン、牛乳&ジュース等は購入済みでしたので…。
船内カフェの焼きたてメロンパンを買うのは忘れてしまったけれど、北海道のローカルパン「ロバのパン」を代わりに食べて満足する。・・・と言っても、味は至極普通だった[あせあせ(飛び散る汗)]
産地限定「北海道根釧牛乳」はネーミング通り、北海根釧地区の高品質な生乳のみを限定使用の牛乳だそう。

新潟港へは9時ちょっと過ぎに着いてしまうから、ノンビリしていられません。朝は忙しい。
フェリー15.jpg
定刻9時15分、約18時間の船旅で新潟フェリーターミナル到着。降車もトレーラー、ライダーさん達が先になります。
自転車やバイクに、大鍋やテントらしきキャンプ用品を括り付けた若者の姿あり・・・、「暇はあるがお金はない」と費用を切り詰めながら、沢山の荷物を背負って長旅を続ける・・・昭和40年代一大ブームとなった通称「カニ族」と呼ばれた学生達。
あの頃と比べたら大分減ってはいるけど、それに近い旅人に各地で出会えたのも、愉しみのひとつ♪ 若いって、やっぱり良いわね[グッド(上向き矢印)]

新潟へはよく足を運ぶ私達。またこちらのフェリーターミナルは北海道、佐渡島へも渡っているから周辺の勝手はわかっておりまする。
このあとは、ひたすら我が家まで。次回で終わりますね。
thanks(61)  コメント(16) 
共通テーマ:旅行

thanks 61

コメント 16

八犬伝

そうですよね
乗り慣れた車が、一番ですよね。
by 八犬伝 (2019-09-20 23:50) 

yoko-minato

フェリーで北海道まで・・・それも乗り慣れた
お車で回れる旅のだいご味ですね。
18時間もかかるのですね。
船旅が楽しそうです。


by yoko-minato (2019-09-21 05:30) 

よしころん

マイカーとご一緒の船旅だったのですね^^
乗り慣れたマイカーが一番ですものね♪
ただ往復の車両運賃を考えると我が家の場合はレンタカー利用になりそう^^;(佐渡島も現地レンタカーでした)
お部屋も個室でゆっくり心置きなく休めそうです^^
by よしころん (2019-09-21 07:58) 

サンダーソニア

佐渡と言えば 栃の実大福がおいしいのです。
船旅はパパさんもゆっくりできますね。
by サンダーソニア (2019-09-21 11:14) 

hana2019

八犬伝さんへ
レンタカーは当たり外れがありますので^^

yoko-minatoさんへ
行きの大洗港から苫小牧は、22時間でしたよ。船は乗ってしまったら、ホント楽チンです♪
飛行機もいいけれど、新千歳は結構不便もありますので。

よしころんさんへ
運賃の点で言ったら、車両費用が人間よりも高いです。個室は狭いけれど、ビジホと同じ感覚で利用できますよ。
二度行った四国も、初回は自宅からマイカーで、・・・そう言ったら、友達に呆れられました。二度目は神戸からレンタカー利用でしたけど、どちらが良いかまでは考えていません。

サンダーソニアさんへ
佐渡島で金山観光をしようとしていたら、駐車場で新潟の人に車ぶつけられました(ノ´Д`)
家の場合、運転するのはどこへ行っても夫ひとり。私は居眠り係理担当かな?
by hana2019 (2019-09-21 11:30) 

末尾ルコ(アルベール)

このフェリーいいですね~。堂々たる姿。こんなフェリーで1週間ほどゆったり過ごしてみたいものです。わたし揺れるのがダメなんで、船酔いは怖いですが。四国を走る土讃線(鉄道)でも揺れるので酔い止めは欠かせないんです。
この海鮮丼、卵焼きが美味しそうだから、わたしにとってはご馳走です(笑)。

渡辺謙の『王様と私』、観てないので何とも言えませんが、ユル・ブリンナーの当たり役を渡辺謙でいいのかなという疑問はずっと持っています。                RUKO
by 末尾ルコ(アルベール) (2019-09-21 11:36) 

まつき

おぉ~こんな大きい船なんですねぇ~!(^^)!
船がすれ違う様子、なんかウキウキしちゃいますね!!
こう言うのもフェリーならではって感じがします。
マイカーで行く旅行がやっぱり断トツに羨ましいです♪
買い物し放題出来るし♪♪
by まつき (2019-09-21 11:54) 

hana2019

末尾ルコ(アルベール)さんへ
揺れるのが駄目なのに、一週間もの船旅ですか(笑)
船酔いには縁のない私、なんでも来い!って感じですながら…肝心の足元が危うくて・・・(^-^;
>渡辺謙の『王様と私』、観てないので何とも言えませんが、
それは全く同感ながら。
ユル・ブリンナーの出演作品も「十戒」「荒野の七人」くらいしか観ておりませんので。ジョディ・フォスターがアンナを演じた「アンナと王様」では、チョウ・ユンファが王様役でした。タイは好きな国なので、タイ王室にも興味をもっています。

まつきさんへ
私の撮ったものは、どれも皆ボケボケですけど(-_-;)
これで食事の内容がもう少し良かったら、言う事なしなんですが。。
>買い物し放題出来るし♪♪
そんな予定はなかったものの、ついつい買い込んできてしまいました。それがマイカーの最大の問題点です。詳細は次回へ。

by hana2019 (2019-09-21 12:39) 

とまと

旅は楽しいですが、フェリーはまた違う空気があって楽しいですね~
しかしカメラのゴミの写り込みがちょっと気になりますね^^

by とまと (2019-09-21 14:22) 

ぼんぼちぼちぼち

カモメさん達、何かもらえると思って追いかけてきたのかな?
by ぼんぼちぼちぼち (2019-09-21 14:30) 

hana2019

とまとさんへ
仰る通りです(^^ゝ
風景画像にはどれもゴミが!次回からは、別のカメラで撮る事にします。

ぼんぼちぼちぼちさんへ
そうかもしれませんね。餌をもらいなれているとか!?
小樽運河沿いは、カモメのフンだらけで驚きますよ(/ω\)
by hana2019 (2019-09-21 15:06) 

ヤマカゼ

18時間の船の移動、お疲れ様でした
by ヤマカゼ (2019-09-21 17:14) 

hana2019

ヤマカゼさんへ
>18時間の船の移動、お疲れ様でした
乗船後は、ベッドでゴロゴロしていただけですけれど。。
by hana2019 (2019-09-21 22:53) 

tarou

お早うございます、横笛庵・旧東慶寺仏殿に
コメントを有難うございます。

カーフェリーで北海道へは行って見たいと
思っています。フェリーで小樽・新潟も
良さそうですね。

by tarou (2019-09-22 08:57) 

ゲンさんおかさん

>洗浄機付トイレ
これは羨ましい。
明日から乗る船には、付いていません。
(一部公共の場所には付いていたかも)

高くて不味いものを食べるより、
買ってきた品をお部屋で頂く方が
ゆっくりできていいですね。


by ゲンさんおかさん (2019-09-22 10:07) 

hana2019

tarouさんへ
こんにちは。
こちらこそ、毎回のコメントを恐れ入ります。
カーフェリーで北海道は、今回で4度目になりました。飛行機の方がずっとスピーディながら、別の意味の良さを感じました。

ゲンさんおかさん様へ
このトイレ機能は我が国だけのもの、外国船では無理かと?しかし慣れてしまったら、もう後戻りはできないものですよね^^
大体がおヨーロッパの人って、体質の違いからかおトイレにあまり行きませんし‥‥。
気をつけて行ってらっしゃいませ~~
by hana2019 (2019-09-22 15:01) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。