So-net無料ブログ作成

深緑の東北紀行・・・⑩三厩~青森、そして帰ります。 [2014・6月宮城・岩手・青森]

すぐそこに、北海道が見える町・・・三厩。
駅前から続くのは、「竜飛」「十三湖」へと至る「竜泊ライン」です。
それにしても駅前なのに、店舗はおろか一軒の民家さえない。
でもこんな駅前があっても良いよね。
帰ります1.jpg

到着後、まだ時間があったので・・・店主が話していた・・・吉田拓郎の歌う「竜飛崎」の歌詞に出てくる、紫陽花ロードを写真に撮ったり。。
旧三厩村の村花であったアジサイは、地元の方達が道路脇に植えたのが始まりだと言う。
            帰ります2.jpg
[るんるん]6月の花が一度に花開く
この岬には秋にあじさい 咲くと言う[るんるん]
・・・で始まる、吉田拓郎の・・・「竜飛崎」。

新婚旅行で訪れた青森の蔦温泉での滞在から生まれた、ヒット曲「旅の宿」・・・のコンビ、岡本おさみ氏作詞のものである。
この曲は拓郎の他に、かまやつひろしもさんも歌っているそうです。
私達もこの最果ての駅を訪れてしまった今、紫陽花の季節になったら・・・必ず想い出すだろう一曲。
遥々旅して行っただけに、旅愁に誘われます。。

帰ります3.jpg
見ておわかりのように…駅舎がポツンとあるだけ。他には何にもないのであ~る。
津軽半島の先端近く、津軽の最北の駅に相応しく…駅員さんの姿も、乗務員さんもいない、寂しげなムードの駅。
中央に大きく「津軽半島最北端の駅 三厩」と書かれています。こちらの駅「旅情豊かな風と潮の町の静寂な駅」として、東北の駅百選に選定されているとか。。

         帰ります5.jpg
ホームでは乗車してきた「リゾートあすなろ竜飛号」が待機中。
乗務員さん、三味線演奏のお二人は乗務員用の待合所で、2時間以上待っていたのですね。

ホームから駅舎に入ったところに、設置されていたスタンプ台で「義経のロマンが今も息づく駅」のスタンプを押してみたりして時間をつぶす。。
駅の乗車人員は、一日30人前後だそうです・・・。
これだけ青い空、眩しい程の日差しの下だから、そうは感じないものの。。

雪に加えて、寒風吹く真冬であったら、どんなに心細く思えるであろう。
帰ります4.jpg
風景の中、途中で終わってしまっている線路、…と言えば、下北半島の大湊駅。
それからずーと前に訪れた、北海道の稚内駅が思い出されるものであるが。どちらにしても、やはり地の果て感が!心細さが強まると言わざるをえません。

          帰ります6.jpg
対岸の下北には、恐山や、景勝「仏ヶ浦」、大間とあるから・・・どうしても皆さんそちらに行ってしまわれるのでしょうね。
・・・と言う私達も、先に下北へと向かってしまった訳ながら。。
リゾートあすなろは全席指定だから指定席をとらなくてはならないけど、竜飛号について言えば必要ないくらい空いていました。
少し早いけど、折り返し運転をする車両に戻りましょう。
                              帰ります7.jpg
さっきお店で食べた・・・海鞘の味がまだ口の中に残っていて、海鞘の口をお茶で誤魔化す。天然の海鞘をたんまり頂く、これってお酒飲みだったらたまらない贅沢ですね。
ここはペットボトルのお茶ではなく、日本酒いきたい!などと・・・そんな呑めないけど。。

特にこれと言った観光はしなかったけど、想い出に残る津軽半島の旅となりました。

…そうする内に、他にも数人の乗客が戻ってきた様子です。中にお鮨屋さんでご一緒したお兄さんの姿もありました。
帰ります8.jpg

コースも風景も、帰路と往路とは基本的に同じ。

帰ります10.jpg
津軽三味線の演奏も始まって・・・こちらも同じでした。
ただ気になったのは、最初の数曲は二人一緒の演奏があったものの、若い彼女の演奏が未熟だったのか、その度に年配の女性が苦笑の連続。
それ以降は、一人でマイクを握りっぱなしでいた。
彼女は演奏歴は短いだけに、セミプロのベテランさんにしてみたら納得のいかないものであったのでしょう。
でも見ていても、感じの良いものではありません。
親子以上に年齢の離れた二人、難しい事はわからないけれど、年配者であったら後進を育てよう・・・くらいの余裕が欲しかったかな[バッド(下向き矢印)]


帰ります11.jpg

「龍が翔ぶが如く 吹き荒ぶ風」からきていると言う・・・・「竜飛」の地名。

穏やかに・・・
爽やかに・・・
気まぐれに吹く・・・風。
いくつもの吹く風に、導かれるようにして訪ねた・・・津軽半島。

わずか2~3日の旅だったけど、今回も様々な出会いがありました。一時にしても、人と人をつないだ・・・これも旅の醍醐味!と思ってしまう。

列車が新青森に到着後は、スッカリ乗り慣れたものとなった「はやぶさ」の人に。
帰ります12.jpg
そして夜の8時過ぎには無事、自宅に到着致しました。

夫が背負うリュックひとつで出かけるものだから、基本的にお土産は買わないのだけれど。。一目ぼれして買ってしまったのが[わーい(嬉しい顔)]「秀鮨」さん特製湯のみ。
こういうのって今、買いたくても売っていないのでは?
それから三厩駅の駅舎内に「ご自由にお持ち下さい」と置いてあった、アワビの貝殻。キラキラしていて綺麗。タダで頂いてきたお土産です[るんるん]

         帰ります14.jpg
季節外れだけど・・・八戸名物の「せんべい汁」、どこかで飲もうと思って買った本場のリンゴジュースに、紅玉リンゴのチップスって、これまたささやか過ぎるわ[あせあせ(飛び散る汗)]

帰ります13.jpg
いっぱい自慢をしてしまった・・・これが、噂の生ニンニク!瑞々しい、でも加熱をしたらホックリして・・・!美味しいね。

今回も楽しかった。次はどこへ行きましょう!
・・・って、翌週もまた遊びに行ってしまったのだった。
忙しい私達[ダッシュ(走り出すさま)]
thanks(85)  コメント(17)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

thanks 85

コメント 17

まつき

駅前の写真、素敵ですね♪ この先はどこに行くんだろう・・・と
期待を持たせるような風景ですね!(^^)! 
ま、右上に看板出ているから行き先は分かるんですけど^^;
ベテランさんの苦笑、美人さんへのヤッカミが入ってるのでは??
技術よりも容姿でチヤホヤされちゃっちゃ、面白くないですよww
生のニンニク、そうそう、こんなでした!!! 
気が付いた時には普通の姿にお戻りになられてました(>_<)
by まつき (2014-07-11 22:36) 

ゲンさんおかさん

hanaさまへ

hanaさまは、絶対DEBUじゃないです。
DEBUのオーソリティのこのワタクシが
言うのですから、間違いありません。

さて、旅行というと、盛り沢山に観光を詰め込み、
後で訳が分からなくなるワタクシ。
少しhanaさまご夫婦を見習って、シンプルに・・・
は、性格的に無理だな~。
下町のおばちゃんは貧乏性。
旅行に行くと、元を取らなければと、
つい思っちゃって・・・。
お恥ずかしいことです。






by ゲンさんおかさん (2014-07-11 22:41) 

hana2014

まつきさんへ
適当にただ撮っただけなのに、ありがとうございます。
一番は、梅雨の合間にこれだけの青空!
やはり私って、晴れ女なんだと思ってしまいました。
これだけケチケチ旅なのに、これだけ楽しんだら…完全に元はとってます。
ベテランさんには、もう少し大人の対応が欲しかったような・・・
一人でずっと喋っているし、一人だけ歌ってるし・・・で、だから白けて写真はなし。
ニンニク、美味しいですね。
台風は大した事なかったものの、暑い!明日はもっとだそう。。
ニンニクパワーで乗り切りましょう♪

ゲンさんおかさん様へ
脚は細いのです、その分上半身デブー!
だから、斜め45度ポーズで決めている私(笑)
あれも、これもと欲張って・・・後でまとめるのが面倒だ~~は同じです。
貧乏性だからこそ、こうしてプライベートも公開している。これも全ては元をとる為!
いいえ、。
おかさんのサッパリとした育ちの良さが出ている性格、明るくてあけっぴろげなところも楽しくて♪
そして、安心してお付き合い出来るの。好きですよ♪
by hana2014 (2014-07-11 23:04) 

hirochiki

吉田拓郎さんの「竜飛崎」は、初めて聞きました。
でも、なぜか懐かしい感じがしましたね。
満開の紫陽花ロードをのんびりと歩いてみたいです。
きっと見事なのでしょうね。
真っ白でぽってりとした生ニンニクもいただいてみたいです。
私たち夫婦も、いつかこんな風にのんびりと旅に出かけてみたいなあと
hanaさんのブログを拝見するたびに思っています。


by hirochiki (2014-07-12 06:24) 

orange

なるほど。あの美しい方ですね。伝統芸能の難しいところですね。
人手/人材不足で若手を..でもまだ未熟。なんとなく...身近にもあるのですが、どうも最近の方は..(と、ボヤイてしまう^^?)
プロになりたければ自助努力しかありませんね^^ (先輩は奥歯の付け根当たりに力が入って..見守る(笑))
初夏の陽射しに輝く風景。冬はたいへんなんでしょうねぇ。
by orange (2014-07-12 08:51) 

ソニックマイヅル

列車の旅って良いですよね!私も時間を忘れて旅をしてみたいです。また、東北方面へはまだ一度も行った事が無いので訪れたいです。^^;
by ソニックマイヅル (2014-07-12 08:54) 

下総弾正くま

こういうところで次の列車が来るまでぼんやり…なんてのに憧れたりはしますが…(・囚・;)
実際にやるとなると相当な覚悟がいりそうな…^^;
by 下総弾正くま (2014-07-12 09:49) 

ryuyokaonhachioj

あ~たまには、列車の旅がしたいです。のんびりと・・・景色を
観ながら・・・良いでしょうね~。
by ryuyokaonhachioj (2014-07-12 10:04) 

hana2014

hirochikiさんへ
特に拓郎ファンと言う程ではないから・・・店主に話を聞くまで、私も知らないでいた曲。懐かしさを感じる、昭和のフォークソングですね♪
撮った写真でも、どれも蕾。本州では終わってしまったアジサイ、こちらでは気温の関係なのでしょうか。これからの様子なのが伺えます。
子育てがすっかり終わって、息子には息子の家族が出来てしまった今。自分達だけの楽しみも見つけませんとね。。

orangeさんへ
11月に旅された方の写真を拝見しただけでも、大変なんてものじゃない様子。
別荘買って、ここに住んじゃえとのお誘いはあったものの、到底無理!
orangeさんのお仕事絡みの事を仰っているのかしら?
ちなみに若い方の彼女はプロではないのです。リゾートしらかみ乗車の時も、一人はベテランのオジサン、あとの二人は中学生くらいのお嬢さんの組み合わせでした。…その辺り、私の説明不足は否めませんけれど。
パートでしか働いた事のない私でも、どこの世界にも様々な能力、性格を持っている方がいるのは存じています。
その中で互いにおりあっていく難しさ、どこにでも小さな社会があるって事でしょうか。
何の能力もない私など、お気楽な中途半端な主婦で良かったな~~って思ってしまいます。

ソニックマイヅルさんへ
暑い夏は、どうしても東北。または長野方面へ行ってしまいがちなもの。
でも、そちらからだととにかく距離が、北陸新幹線の開通後は、少しは近づきますかしら?

下総弾正くまさんへ
もし一人旅だったら、寂しくて泣いてしまうかも?
ちなみに…竜飛には熊は出ないとか。
くまさんの出現予定はありませんか?

ryuyokaonhachiojさんへ
最終日のこの日は、ホント何の観光もせずに、ただ人すら帰ってきただけの一日でした。

by hana2014 (2014-07-12 13:09) 

サンダーソニア

晴れ女 あやかりたいです。
このあたりのリンゴジュースは絶対に美味しいと思います。

by サンダーソニア (2014-07-12 15:41) 

ryuyokaonhachioj

ノコギリ草にコメントありがとうね~
花は小さいけど纏まって咲いてます。葉はノコギリに似てます。
by ryuyokaonhachioj (2014-07-12 16:04) 

hana2014

サンダーソニアさんへ
青森到着後すぐから、美味しいリンゴジュースはずっと飲んでおりました。
味の確かさは保証します。

ryuyokaonhachiojさんへ
こちらこそです。
葉っぱの形からきているネーミングなのですね♪


by hana2014 (2014-07-12 22:31) 

薔薇少女

>穏やかに・・・
爽やかに・・・
気まぐれに吹く・・・風。
いくつもの吹く風に、導かれるようにして訪ねた・・・津軽半島。
素敵なフレーズですね(o^-')b グッ!
何かのCMに使えそうですね(*´∇`*)
>途中で終わってしまっている線路
イイ写真ですねぇ~、映画のラストシーンの様です
>若い彼女の演奏が未熟だったのか、その度に年配の女性が苦笑の連続。
そういう事でしたか、全く違う事を考えておりました!
若い方、気の毒でしたね、懲りずに頑張って上達して欲しいですね。
でもこんなに美しい方だったら、きっとメディアに取り上げられるのも
近いかも知れませんね(o^-^o)
hanaさんの旅行記は、自分がホントにそこへ旅した様な錯覚に陥ります!
まだ当分旅に出る事は無いので、これからもエア旅楽しませて下さいね♪

by 薔薇少女 (2014-07-13 01:29) 

ミーミー

新緑の東北
 観光ガイドに載ってないような旅は憧れでも有ります

 我が家もこの年齢になりシンプルな余り予定立てない旅先での行動もおおくなりました (特に海外)
 まだ海外への夢も持ってはいますが
 その分(経済が)国内に中々行けない(笑)

東北は実家もあるのに若い頃にはもう故郷離れて生活したので
 詳しくわからないのです  来年はお墓参りにも行く予定

 旅行は気分も一新されてまたがんばろうって思えるから大好き
 
 この夏は主人と富士山方面(我が家 好きな場所だと何回も)
 娘とは18切符で何処か?娘が計画してます
 
 ※年配(自分も)はやはり育てると言う大きな心がないとダメよね 自分だって出来ない時代もあったと思うね 
by ミーミー (2014-07-13 05:38) 

hana2014

薔薇少女さんへ
姉さん、何時もありがとう~♪
私も海外へは多分行く事はないかと思うので…他の方のところでは、ひたすらエアなのです。
?全く違う事って、どんなのかなぁ~?
それから姉さんのところで書かれていた・・・コメレスの内容ですが。
家の息子はただ体がデカイだけ。
毎回のように見に行っていた、プロレス団体からはお誘いを受けた事もあったとか(笑)
社交辞令ってやつですね。
頭の中身、勤務先もいたって普通。年上の立派なお嫁ちゃんがついているから、私は安心のような。。
チョッと悔しい様な・・・。運動神経が私に似てダメダメなところは同じなのです~

ミーミーさんへ
個人手配で行かれるほど、数多くですか!?
私なんか勿論健康的な問題があるから行けないけど、それ以外の問題として英語が喋れない。
これまでもただ単語を並べるだけで。。これって相当にIQが低く見られてしまうもの(笑)
>この夏は主人と富士山方面(我が家 好きな場所だと何回も)
長野、山梨方面も夏涼しくて、我が家も好きな場所のひとつでした。
軽井沢、安曇野、山中湖、女神湖、蓼科、八ヶ岳方面へは度々行っております~~
by hana2014 (2014-07-13 08:33) 

はせお

こんばんは。
いいですね。
よしだたくろうと言えば「旅の宿」は有名ですが、フォークというと70年代なんでしょうね。
私の世代ではこの時代の歌って、どう捉えていいんだろう・・・。
中島みゆきさんは同郷で、当時にいいフォーク・ソングを残しています\(^o^)/
by はせお (2014-07-13 22:15) 

hana2014

はせおさんへ
こんばんは。
70年代のフォークには、否定的?
私は、良い曲も沢山あるかと思っていますけれど・・・
by hana2014 (2014-07-13 22:54) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0