So-net無料ブログ作成
ドライブ・近県 ブログトップ
前の30件 | -

「あられちゃん家」再び&加須うどん [ドライブ・近県]

埼玉県加須に工場&直売店のある三真製菓、9月の山梨からの帰路立ち寄りした・・・「あられちゃん家」を早くもまた訪ねてしまいました。
3週間ほど前だったでしょうか、息子とこっちゃんが遊びに来ると聞いた夫、駄菓子屋さん好きなこっちゃんを一度は連れて行きたいと言う。
そこでこの日は、JRの「栗橋駅」で待ち合わせる事となりました。息子など「栗橋で降りたのは初めて」だそう。私も、夫も数回乗り換えした経験はもつものの、確かに湘南ライナーの快速では「栗橋」停車はありません。
あられ1.jpg
工場敷地内にあるプレハブ造り直売の店内は、前回同様・・・おかき、アラレ、豆菓子、餅菓子・・・で溢れています。
           あられ2.jpg
こちらは店内奥にある、お茶・コーヒー・水のフリードリンクコーナーです。他に利用者がいなかった為、コーヒーをいただきました。
    あられ3.jpg
お買い物を終えたら・・・当然!50円ミニソフトクリームでしょう♪ 食べ切りサイズがちょうど良く、4人で頬張っている最中です。

次に向かったのも前回同様・・・、埼玉銘菓「十勝甘納豆本舗 大利根店」へ。
        あられ4.jpg
店内で冷たいお茶と、芋羊羹の試食がありました。こちらでは実家の母へのお土産のみ購入。
こっちゃんは、冷凍ケースにフルーツバーを見っけ[目] 大好きなマンゴーアイスをペロリと食べてしまいましたとさ(・o・)
パリパリした皮の香ばしさ♪…手包み最中、十勝産小豆餡&栗の栗どら焼き、白餡入り栗最中etc…が今回の手土産となりました。

あられ5.jpg
加須と言えば「うどん」の街だから、「加須うどん」はかつて小麦の栽培が盛んに行われていた加須市の郷土料理です。
郊外の羽生インター近くに店を構える、「新川うどん」さんへ入ってみます。
お昼から時間がずれていた為、待つことなく着席。
あられ6.jpg
メニューを見ても、素材が小麦粉のうどんだけに価格はどれも安いです。
    あられ7.jpg   あられ8.jpg
私と夫は温かいきつねうどんと、天ぷらうどん。息子達は冷たい麺の天ぷらうどんで。
客は次々と入店してきますが、、それでもとにかく早い!安い!
固くなく、柔らかすぎずのほど良い固さのもちもち麺ながら、お汁が真っ黒々で、そして出汁がほとんど効いてないように感じられました[バッド(下向き矢印)] 
田舎のおばあちゃんが作った、素朴な味わいのおうどんて感じ?(^-^; それにしてもお隣・群馬の「水澤うどん」は美味しいし、山梨の「吉田のうどん」もチャンと美味しいのに変ですね~~


食べ終えたら、母の待つ実家へ行きましょう[ダッシュ(走り出すさま)]
こんな風に頻繁に行っているから、こっちゃんは佐野の実家も慣れたもの。
        あられ9.jpg
80歳違いの曽婆ちゃんとのツーショット[るんるん] 私が子供だった頃には、若くて綺麗なお母さんと自慢であった母も、ご覧のように随分と老いました[あせあせ(飛び散る汗)]
だけどこの年齢で一人、気丈に家を守って生活をしているのは偉いと思います。

「あられちゃん家」の戦利品は、こちらです。
あられ13.jpg
きつねせんべい、割れミっクス、ハチ公ソースせんべい、柿の種、替えピーナッツ。こっちゃんにはドライフルーツ、オーブントースターで焼くおうちせんべいもね[るんるん] 
thanks(63)  コメント(13) 
共通テーマ:グルメ・料理

茨城県大子町へ…③大子町「こんにゃく関所」 [ドライブ・近県]

那珂川町街中から、健武、大内、谷川を過ぎると、間もなく茨城県との県境。
位置的には遠くないものの、那須や大田原ではところどころにお洒落な店が並ぶ(それ程ではありませんけどね…(^-^;)…とは違って、ほーんと何もないです。走行する車もトラックや、軽トラックばかりと・・・続くのは「THE・日本の田舎!」の景色。
こんにゃく1.jpg

地ビールの「大子ブルワリー」があり、水郡線「大子駅」前にはSLの展示もありました。雨の中、車から降りはみませんが…。
夫は前回「道の駅 奥久慈だいご」で、「こんにゃく関所」の情報を得たそう。
こんにゃく2.jpg
到着しました。
入店し真っ先に目に入るのは、真ん丸大玉のこんにゃくがぷかぷか浮かぶ水槽。こんにゃくは色別に、5種類♪
そして、これ!とろっとろの食感が気にいった「生とろこんにゃく」[exclamation]
こんにゃく3.jpg
生とろこんにゃくも味別に4種類! それぞれのこんにゃく毎に、試食コーナーがあり。お味見をしてから買えるって良いわね[グッド(上向き矢印)]

こんにゃく4.jpg
日持ちのする「凍みこんにゃく」やら、様々なこんにゃく製品の置かれた店内。
レジの横には名産であるりんごを使ったアップルパイ、珍しいこんにゃくのから揚げも並んでいます。
        こんにゃく5.jpg
併設の食事処では、さしみこんにゃく、ところてん、併設店で製造している湯葉やおうどん・お蕎麦も食べられる様子。
袋田のおいしい水から生まれる…こんにゃくの製造直売店だから、店先にも流れる名水。金魚さんが泳いでいました。
こんにゃく6.jpg
隣り合う・・・味わい深いゆば、お豆腐の製造直売所「ゆば壱」の方へも入ってみましょう。
選び抜いた国産大豆のみを使用した商品が並びます。それだけにどれも高めなお値段です! ゆばはどれも一パック1000円以上と、考えてしまう価格でした。

        こんにゃく7.jpg
こんにゃく関所前から眺める、久慈川の流れ。水嵩の増えた川が、小雨となった雨の中煙っていました。
こんにゃく8.jpg
鮮やかな緑が濡れて、より鮮やかさが増して見えます。 時が止まってしまったような風景が続き・・それがまた長閑さを出していて良い。
こうして見たら、雨の日のお出かけも楽しい。なんちゃって、強がり言っています[あせあせ(飛び散る汗)]

 こんにゃく9.jpg
直売所ならではのお得用パックでも、買ってすぐには刺身こんにゃくで食べてもじゅうぶん。美味しかったです。
こっちゃんが気に入ってしまった「こんにゃくそうめん」は三食パック入りを選んで。
生トロこんにゃくは勿論、白・青のり・梅入り・豆乳入り…と4種類全てお買い上げ!
「湯葉壱とうふ」の豆の味の濃い事[ダッシュ(走り出すさま)]
「煮て食べては勿体ないから、このままレンジで温め生姜醤油で食べると美味しいですよ」と店の方からアドバイスをされた…ゆばがんもは、そうしていただきました。
自慢にならないけれど、貧乏舌な?二人でも、どちらの製品も普段食べているものとの違いを感じました。
こんにゃく類だけで4000円近くお買い物してしまいましたが、皆で美味しく食べられたらそれが一番!

緑濃き山々に誘われて・・・雨の中を走った。自然の営みに寄り添う里山の暮らしも垣間見えた…そんな一日を過ごしました。
thanks(69)  コメント(14) 
共通テーマ:グルメ・料理

茨城県大子町へ…②那珂川町でお昼 [ドライブ・近県]

前日記の続きになります。
さぁ、お昼。お昼。
・・・とは言え、ご飯を食べるお店は決めてありました。
県内の東部に位置する那珂川町内で、寿司と「温泉とらふぐ」がおすすめ「大八寿司」さん。
※温泉トラフグは海のない栃木県那須郡那珂川町で、地域の温泉によりフグを養殖。
町の温泉がトラフグの飼育に適した塩分濃度である事に注目、研究した結果ブランド化や集客に成功し…地元の名産品のひとつになりました。
      大八1.jpg
かつて夫が那珂川町で仕事していた頃には、連日ランチタイムに通っていた。周辺のお寿司屋さん、食堂の中で一番くらいにお気に入り店だったと言います。
温泉とらふぐは食べなくても、普通のランチでもじゅうぶん満足出来る。味が良くて、接客も良くて・・・と聞いては行かねばなるまい!・・・と、私も同行したのは4年前。

その後現在の職場に変わった後も想い出の地、那珂川町は特別なところ[グッド(上向き矢印)] 暇さえあれば、何となく足が向いてしまうとか。
ここ大八寿司さんのランチを今の会社の兄ちゃんへ食べさせたのがきっかけとなり、職場のほとんどの人、最後は社長までが食べに行ってしまった…との笑えるエピソードも。
大八4.jpg
入店すると、目の前が鮨カウンター。オシャレとか洗練されたとは言い難いムード漂う、昭和な店内です。
小あがりのお座敷を勧められるも、やはり椅子の方がと考えてカウンター席へ。
すぐにお茶&おしぼりが運ばれてきます。オーダーは決まっているものの、テーブルの上のメニューも一応拝見。
「今日こそは、鰺フライ!大八さんの鰺フライを食べる!」と、私は決めていました。
・・・ところが、なんと!限定のトンカツ定食だけでなく、鰺フライも早々に売り切れてしまったそう。
        大八2.jpg
「土曜日だけに、駐車場も満車だったもの[たらーっ(汗)]」「それでも、せっかく食べに来たのに」…(/_;)
その会話を聞いていた親父さん「これ、食べるかな?」と、ポテサラの小鉢をサービスしてくれました。
        大八3.jpg
寿司店だけにランチとは言え、店で出す鰺フライは身の厚さ、大きさ、味わいの良さは特別!…と聞かされていたから、、、しかし残念ながら、ないものは仕方ありません。
気を取り直し「山かけ定食を下さい」と注文。夫は「いか生姜焼き定食」です。
大八5.jpg
     大八6.jpg
・・・メインに熱々の茶碗蒸し・お新香・冷奴・稲庭うどんのお鍋が付いて、定食は860円なり!
少し前は800円、値上がりをしたけど安いと思います[グッド(上向き矢印)]
「鮪は良いところを使うからね」って。確かに新鮮で厚みもあり、美味しい鮪との感想をもちました。
夫の焼きイカも、柔らかで肉厚、申し分のない量は食べ応えあり…と見ていて思いました。
味は勿論。週末に関係なくランチを提供して客に喜んでもらおう…との心意気が伝わる…良心的なお店です。http://daihachisushi.com/


          daigohe 1.jpg
先日も登場した「馬頭広重美術館」で、またもおトイレ休憩。
「県民の日」とあって、この日は入館無料です。
daigohe2.jpg
今回は、建物の軒下まで歩いて撮影[カメラ]
「広重の芸術と伝統を表現する伝統的で落ち着きのある外観」をコンセプトに、自然豊かな那珂川町の景観に溶け込むよう、ゆったりとした平屋建てに切妻の大屋根を採用した…「新国立競技場」、JRの新駅「高輪ゲートウェイ駅」駅舎の設計で知られる、隈研吾氏によるもの。

  daidohe3.jpg
行きも帰りも雨降りの一日でした。 ジメジメ・・・ムシムシ ・・・山間の光景は当然、モヤモヤ。間もなく県境へと至ります。
thanks(64)  コメント(10) 
共通テーマ:日記・雑感

茨城県大子町へ…①那須烏山市の「せんべい工場祭り」から [ドライブ・近県]

先週末の土曜日は、笑ってしまうほどのどしゃ降りの雨でした。
しかし 梅雨入り後の関東です、そのくらいは…想定の範囲内。
          アミノ4.jpg
特に予定もなかった事により、「大子のこんにゃく関所までこんにゃくを買いに行こう!」…って、茨城まで出かけて参りました。

          アミノ1.jpg
さて、その途中。
那須烏山市下川にある煎餅工場「アミノ」にて6/15(土)16(日)、「煎餅工場アミノ&すずらん南那須店合同 初夏の工場祭」開催中…との情報に、こちらも是非行かなくちゃ!!
江川小学校、新明牧場近くと、とっても地味な場所です。周辺にはこれまた笑えるくらい…ホント何にもありません。

アミノ2.jpg
それなのに、広い工場の敷地内。この雨に関わらずほぼ満車、そして大勢の人。数人のガードマンさんが活躍するほどに盛況でした[exclamation]
市内にあるグループ゚会社「すずらん甘納豆」の売り出し時へは数回お邪魔していたものの・・・ここまで大規模な催しではありません。
真っ先に向かったのは、煎餅直売所ならではの煎餅大特価!コーナー。
テント内の端には、無料のせんべいを焼いてそれがもらえる一画があったりして。特におせんべい好きでなくても、家族連れにウケる要素はじゅうぶんです。
アミノ5.jpg
大人気の煎餅詰め放題コーナーで、懸命に袋詰めする一家の様子を目の前にして・・・その気持ちは大いにわかります(^_^)V
直売所ならではの種類豊富な、煎餅大特価! ・・・だからか、大雨の中と言うのにスゴイ人出なのです。
    アミノ6.jpg

他に焼き鳥やからあげ・焼きそば・かき氷・山菜おこわ・コロッケ・出汁巻きたまごなどの軽食[るんるん]
店内では季節のフルーツ大福・あんみつ・黒豆寒天が20%オフ。2日間限定和菓子の販売あり。

この2日間は、無料のキッズコーナーと言った子供からから大人まで楽しめるゲームも用意されていました。
工場祭に向けて宇都宮市内の店舗から応援に駆り出された他店のスタッフさん、中には顔見知りの方もいて一生懸命働く姿が見られたのも楽しかった。

☆ 1,000円分買い上げごとに抽選券ゲット!1,500円以上の買い上げでは300円商品券ゲット!…の特典あり。
少し立ち寄るつもりが、意外に長く楽しんでしまいました(●^o^●)
アミノ3.jpg
カップ入りのわらび餅と、無料サービスの手焼きせんべいです。
4袋で1000円のお徳用せんべいの購入は勿論、・・・以上で300円の商品券をゲット、ガラガラポンで当たったのはポケットテッシュながら、そこに100円の割引券が入っていたのだから。。
立ち寄りをしたのは正解であったと言うべきですね[グッド(上向き矢印)]

この続きは、次回になります。
thanks(64)  コメント(18) 
共通テーマ:日記・雑感

秋は運動会。そしてお楽しみのランチ♪ [ドライブ・近県]

週末はすでに恒例・・・となっている秋の行事、孫娘の運動会で都内某所へ。昨年と同じ…某小学校の校庭でとなるはずが、雨の為今回は体育館での開催となりました。
開園してから5年目となる園ながら、体育館となったのは初の試みであったとの事。
オペラシティ9.jpg
しかし・・・結果としてはより近くて、身近な観戦となって、校庭での運動会よりは良いんじゃないか?と思えた。それは反対側の席から見ていたママさん達も同意見であったと言う。
入・退場門デザインを毎年変えるのはお約束の模様。昨年と違ったデザインがこれまた可愛い[るんるん]

この日の為にずっと練習をし続けてきた子供達の、走る、飛ぶ、踊る。・・・そうしたひとつひとつに一生懸命さが伺えてホント健気だわぁ。
オペラシティ11.jpg  オペラシティ10.jpg
私達はスッカリ冬支度と言うのに。。週一で運動講師として教えに来るインストラクターのオジサン先生、若い先生方の懸命な働きぶりには本当に感心するばかりでした。
皆Tシャツ一枚でも汗を流しながら運営する姿に、頭が下がる思いでいっぱいに。若い若い子供達を別にしたら、私鯛も疲れたのですから、当の先生方はさぞかしお疲れになったのでは!?

12時には無事終了。
ただ今出張中のパパは不在ながら、どこかでお昼ご飯をと住んでいるマンション近くへ移動するも、近隣のコインパーキングはどこも満車。
仕方なく戻ってこれまた昨年食べに行った・・・西新宿・初台にある東京オペラシティタワーへ。
オペラシティ1.jpg
クラシックコンサート専用ホールである「東京オペラシティ コンサートホール」「東京オペラシティ アートギャラリー」「新国立劇場」・・・に付帯する様々なショップ&レストラン、結婚式場まである総合施設内のどこでもいい、何か食べられたら・・・とは思ったものの、結局はまた53Fのフロアーまで上がってしまった私達。
オペラシティ3.jpg
一年経っているから、食べるのは昨年と同じ「松阪牛 よし田」で良いかと。豪華でムード良し!の店内、そつのない接客、味そのものも美味しかったですからね[グッド(上向き矢印)]
相変わらず高級感漂う、エントランス部分[ぴかぴか(新しい)]
広い店内にはシェフの技を目の前で、窓の外に広がる夜景も楽しめる鉄板カウンター。東京タワーと東京スカイツリーを同時に望むビュールームは、天気の良い日には東京湾・房総半島まで見渡せる眺望の良さを誇ると言う。
その他に檜を使用した天井が特徴の「屋形船」をイメージした個室。前回我々が通された小個室・・・と広々した店内。

          オペラシティ4.jpg
バカラのシャンデリアが下がり、堂々とした・・・の枝ぶりの松の盆栽が飾られた、グランドフロアーの雰囲気は昨年同様に豪華。誰もいなくなったのを幸いに、沢山写真を撮ってしまった[あせあせ(飛び散る汗)] 何分にもお上りさんですから。。

オペラシティ6.jpg
お着物姿の女性が接客する中、希少で高級なワインが数百本並ぶ、巨大なワインセラーにもビックリ[目]

室内では自動演奏を奏でるピアノの音色がBGMとして流れる[るんるん]
オペラシティ5.jpg 
凝った木工技術による「組子」と、和洋折衷を取り入れた上等な空間。奥には「組子」の扉で囲まれた「東屋」までありました。
提供されるお水も、当然ながらペリエのボトルで。しかし、ご安心あれ!
ランチメニューは、庶民でも十分手の届くお値段ですから。
夫とママは、黒毛和牛のすき焼き御膳1,500円。私のオーダーしたポトフ―膳も、同じお値段だったかと。こっちゃんの頼んだ、黒毛和牛のすき焼きうどん御膳1,200円が量もボリューミーでお得な感じがしました[グッド(上向き矢印)]
夜と違ってリーズナブルなランチは、それぞれ厨房から作りたてのものが運ばれてきます。
オペラシティ7.jpg
私のポトフ―は相当大きな塊のお肉でしたけれど、ホロホロと崩れるからスプーンで大丈夫。
中には玉ねぎ・人参・ジャガイモ・レンコン等と、マッシュルーム・芽キャベツが煮込まれていました。添えてあった岩塩・マスタードは使わず、スープまでいただきました。
それぞれどのメニューも、ご飯、味噌汁、香の物、煮物の小鉢付き。こちらのお漬物にはなぜかタラコが一切れついてくる、そこは面白いかな。
こっちゃんのすき焼きのお味見したら、煮詰まってしまって味が濃くなっていたものの、甘辛で出汁の効いた良い味。出来立てはもっと美味しかったでしょうね。
場所の割りには安い価格、地上200Mから東京を一望する美しい景色もご馳走のひとつと思えるお店でした。

世界最高峰の腕時計ブランド「PATEK PHILIPPE(パテック フィリップ)」や「AUDEMARS PIGUET (オーデマ ピゲ)」、「HUBLOT (ウブロ) 」等・・・ってどれも知らないけど。・・・の正規専門店として甲州街道笹沿い、幡ヶ谷2丁目の老舗時計店「YOSHIDA 」へは日本国内のみならず、海外からも多くの客が訪れるのだそう。http://www.matsusakaushi-yoshida.jp/

オペラシティ2.jpg
食べ終わってエレベーターへ向かおうとしたら、同じフロアーにて偶然にもお友達ファミリーと再会。
あちらの家族も二年続けての・・・焼肉〇々苑さんで食べるところでした。
その前に「〇々苑は?どうですか?」と尋ねられるも即!却下してしまった私だけれど、〇〇ちゃん家族は〇々苑好きなのかもね。
thanks(73)  コメント(15) 
共通テーマ:グルメ・料理

東京オペラシティ「松阪牛 よし田」でランチ [ドライブ・近県]

先週末は秋の恒例行事、孫娘こっちゃんの運動会でした。
通園しているのがこども園なので、昨年と同じ…都内某小学校の校庭で。
よし田1.jpg
入場門のデザインは昨年のものとは趣向が変えてありました。先生方も、父兄さんも皆さん当然ながら…若い。
校庭に響く音楽は、ボサノバやジャズ、フィージョンだったりして。。この夏にすっかり馴染み深いものとなった曲、安室ちゃんの「Hero」も流れました[るんるん]

                 よし田2.jpg
12時には無事終了、校庭から見えるあの建物まで行ってみましょう。

西新宿・初台にあるクラシックコンサート専用ホール・・・「東京オペラシティ コンサートホール」「東京オペラシティ アートギャラリー」「新国立劇場」・・・他にも様々なショップ&レストラン、結婚式場まである総合施設、東京オペラシティタワー。
何か食べられたら・・・と、53Fのフロアーまで上がった私達。

よし田3.jpg
ゴージャスなムード漂う「松阪牛 よし田」で食べることにしました。
店頭に出ているメニューを見たら、ランチメだけに高くない、コースでなければお手頃価格の1200〜2000円まで。

以下、「ハリーウエストン」以外は聞いたこともない・・・世界最高峰の時計・ジュエリーを扱う高級時計販売で有名とか。
「YOSHIDA」が一流の食を求めるお客様のために、「服部学園」校長監修のもと、昨年11月レストラン「松阪牛 よし田」をオープン。
地上200mから昼間の東京、夜景が一望できるロケーションの良さ。
高級時計の展示会場にもなるメインダイニング、鉄板カウンター席、テーブルまたはお座敷・・・総席数100席の店内で、すき焼き、しゃぶしゃぶ等…、松阪牛をメインとした会席料理が頂けるそうです。
こっちゃんを入れたら5名との事で、個室へご案内[グッド(上向き矢印)]

          よし田4.jpg
バカラのシャンデリアや、堂々たる枝ぶりの松の盆栽が並ぶ中、お着物姿の女性が接客するホールも豪華な雰囲気です。
松阪牛コースコースともなれば、10000円から15000円・2000円とは・・・一食に、このお値段は勇気いるわぁ[あせあせ(飛び散る汗)]

      よし田6.jpg
まずはビールで乾杯です。細いストライプ入りの軽いグラスはプラスチックなのかしら?でもデザインが凝っていて、オシャレなんです。
テーブルにはお鍋を置く調理器があるものの、これは夜の為。
リーズナブルなランチは、それぞれ厨房で作った出来たてのものが運ばれます。

よし田7.jpg
野菜サラダになめこのお味噌汁、小鉢は切り干し大根煮←超庶民的!香の物付。お漬物入れに、たらこが一切れ。ご飯のお供ですね。
私は、黒毛和牛ステーキ御膳1500円、夫には、黒毛和牛スペシャルすき焼き御膳2000円なり。
夫とこっちゃん以外はステーキ膳にしました。
スペシャルなのは、お肉の量が多いからだそうです。
サイズは小さめながら、ステーキは厚みもあり、とろける柔らかさで美味しい[グッド(上向き矢印)]

よし田5.jpg
窓の外に目をやれば・・・地上200mの高さから東京を一望する・・・圧巻の光景!
天気が曇りがちだったのは残念ながら、思ってもみなかった絶景が眺められました[ぴかぴか(新しい)] これ程の光景に出会えるなんて、ラッキー。
代々木競技場をはじめとした、代々木公園・神宮の森。原宿から、青山・渋谷方面まで。

          よし田8.jpg
向かい側に座ったら、新宿の街並み、東京タワーが見えます。
陽が暮れたら・・・眠らない街・新宿の眩い高層ビル群を含むパノラマが広がっているのでしょう。
晴れた日にはスカイツリー、房総半島の先端まで見えるという。

日本の伝統を取り入れた豪華な内装、ロケーションは最高!…と、気が張る会食、お祝い事でも利用出来る感じ。
一見高級店ながら、ランチに限っては大変コスパ良し!お勧めです!
別途サービス料、個室のチャージ料…がかかったのかどうかは、支払いをしたのが息子夫婦なので不明ながら。



                       よし田0.jpg
こっちゃんにはお誕生日プレゼントである、ディズニープリンセスの自転車を積んできてありました。
ジャストサイズで、早速、試運転中なり。

しかしここで美味しいお肉を食べてしまったせいで、夜のステーキがかなり~~残念なものとなってしまった感は否めません。
続く…と言うか、この後は甲州街道から中央高速へ。そのまま自宅へは帰らず、夜は山梨に泊まったのでした。
thanks(63)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

春風か?こっちゃんだ~~♪ [ドライブ・近県]

前記事に書きましたが・・・あれからすぐの先週末、我が家を訪れていた息子とこっちゃん。
市内のオリオンスクエアで昨年偶々見た・・・栃木SCチアガールのお姉さん達のパフォーマンス。
それから興味を持った息子・・・って、オイオイ、そこからなの?
そして実際にサッカーを観戦後はその魅力にハマり、今や立派なサポーターとなりました。

今回の帰省も、地元のグリーンスタジアムで開催されたサッカー観戦が目的だそう。。
3人で遊んでいるから、OKですよ。
やって来たのは、すでに夜でした。
翌朝、パパだけ行ってらっしゃ~い!
こっちゃんにリクエストされていた、イチゴ狩りへ出かけるのは時間の関係で無理だから・・・爺じの作ったイチゴで我慢してもらいましょう。
          日曜日1.jpg
小さな庭の一部に一列だけ。でも大丈夫、赤くて美味しいイチゴも買って用意してありますから。

こっちゃん曰く「チョッと酸っぱいスカイベリーより、おとめの方が好き」ですって。4歳なのに言う事が一人前だなぁ。それに誰も教えていないのに、的も得ています←、by婆バカでゴメンナサイ。

日曜日3.jpg   日曜日4.jpg
イチゴ狩りの後はお芋を植えたり、キンセンカの仲間であるカレンデュラで良いと思うけど。。頂いた花の苗をポッドから移したり・・・。手に幼児用の軍手を着用、久留米絣の半天姿はお約束!ちゃんと似合っているでしょう[グッド(上向き矢印)]
                             日曜日5.jpg
プランターに咲いた桜草を摘んで、「お家に持って帰る~」だってΣ(゚д゚lll) こんなに小っちゃくて貧弱なお花でいいの?

爺じとの読書タイム、被っている帽子はなぜか、婆ばのニットキャップなのです。
          日曜日2.jpg

栃木SCの初戦で盛り上がる・・・パパサポーター。
パパがお留守の間には、3人でお買い物へも行っちゃいますよ。
東京のデパートの方がオシャレで、素敵なものが沢山あって良いのに…と大人は思いがちながら。。
小さい子はキャラクターの付いたショッピングカートに乗れるのが楽しいみたい。この日は頭に付けるカチューシャ、髪飾りを買いに行きました。
お昼も簡単に店内で済ませましょう。
      日曜日6.jpg  日曜日7.jpg
こっちゃんはオモチャ付きの、にこちゃんパンケーキ&ドリンクバー。私達は温かいおうどん付きのマグロアボガド丼にしました。
お値段がお値段だけに、肝心のマグロが[バッド(下向き矢印)]薄すぎてマグロの味がしない、でも普通に美味しかったです。

帰宅後はお家の中で遊んだり、お昼寝したりしていたら…もう、帰る時間。楽しい休日はすぐに終わるもの。
      日曜日8.jpg
帰りはまた爺じの車で家まで送っていきました。
別れる時は何時だって寂しい、でもまたすぐ会える。温かな春になったら、また遊ぼう!
thanks(68)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

大洗町、「海鮮どんぶり亭」さん [ドライブ・近県]

     海鮮1.jpg
茨城県ひたちなか市にある、国営公園である「ひたち海浜公園」は、元米軍の軍用地であったという広大な面積の公園。
林の中のチューリップはすでに終わりかけながら・・・広い園内には他にも様々な花がさいていました・・・。
菜の花畑の向こうには茅葺屋根の民家、そして鯉のぼり。
眺めているだけで心が和む、懐かしい光景に思えます[るんるん]

みはらしの丘まで戻り、圧巻のブルー一色に彩られた・・・ネモフィラの花とはお別れしましょう。

海鮮3.jpg


          海鮮2.jpg
↑今回撮った中で、一番のお気に入りとなった一枚。


海鮮6.jpg
しかしシーサイドトレインの一日周遊券を買ったのだから、せっかくなのでもう一周してから帰ります。

海鮮4.jpg
公演の周囲に広がる森林では山ツツジや、薄紫色の山フジも咲いて、新緑が眩しいくらいでした。
          海鮮0.jpg
ここでは蕾だけじゃない、開花した藤の花も見られましたし。一週間前の、藤のリベンジや~!

そして、なんとdocomoの中継車まで出動しているとは!恐るべし、ネモフィラパワー!
                        海鮮7.jpg
次回は真っ赤に色づいて「秋を彩る」コキアの時期かな?なーんてね。http://hitachikaihin.jp/

海鮮5.jpg
海浜公園より、この海沿いに沿って・・・南下しますね。

お昼ご飯には比較的時間も早かったから、スムーズに走る車。
しかし、またもや渋滞の罠に!
那珂川河口のアクアワールド脇の橋の通過に、思いがけず時間が!車が全く先へ進めない、激しい渋滞にみまわれたのであった[バッド(下向き矢印)]


お昼ご飯は事前に「大洗 海鮮丼」でリサーチしておいたお店、新鮮な魚介類で仕上げたどんぶりで知られる「海鮮どんぶり亭」さんです。
海鮮8.jpg
市場みたいな、土産物店みたいな、外観とは変わり・・・店内は落ち着いた雰囲気が漂います。
お刺身の他に焼き魚・煮魚の定食等・・・メニューは色々ありましたが。。

海鮮12.jpg    海鮮13.jpg
私は、一番人気の「スペシャル海鮮丼」(1640円)、地元大洗産の海産物を中心にタコ・イカ・白魚・鯛・甘エビ・牡丹エビ・ウニ・イクラ・マグロ・カニの爪肉など、約10種類のネタがどんぶりいっぱいです。
そこに小鉢がふたつ、ワタリガニのお味噌汁が付いていて、とってもお得[るんるん]
全体的に美味しかったけど、白魚がチョットって感じだったような?

夫が注文したのは「がんぱっぺ大洗定食」と言ったかしら?何、このセンス?
注文の時「がんぱっぺ=茨城弁」って口にするのは恥ずかしいわぁ[あせあせ(飛び散る汗)]

海鮮9.jpg
                  海鮮10.jpg
しかし内容的には・・・、大量に釜揚げしらすののったおろし。そこに(ハマグリ・えび・ホタテ)の浜焼きセット。海老入り春巻き、小鉢も付いて・・・こちらもスペサルでしょ。
焼き立てのはまぐりはふっくらとした身が美味しい[グッド(上向き矢印)]

海産物のはまぐり・ホタテ・エビ・つぶ貝等をその場で焼く「海鮮浜焼き(300円~)」も人気の店だけに、屋外のテーブルでも盛んに食べている客の姿が見られました。。
豪快な浜焼きは、素材の味がシンプルに活きて美味しいですね。
          海鮮11.jpg
こちらは別注文で頼んだ、焼きイカ。チョッと焼き過ぎの感はあるものの・・・自宅のキッチンで焼くものとは一味違っていました。
浜焼きも店内で座って、落ち着いて食べられるのは嬉しいです。
観光地でありがちなおざなりな感じもせず、接客も良く思えました。
これまでは那珂湊市場内で食べることが多かったけれど、今回のお店の方が当たり!って感じ。
食べるまで時間はかかったものの、二人とも大変満足しました[るんるん]
海鮮どんぶり亭
昼総合点★★★☆☆ 3.5


関連ランキング:丼もの(その他) | 大洗駅



thanks(79)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

「国営ひたち海浜公園」の、ネモフィラハーモニー [ドライブ・近県]

          ひたち海浜公園0.jpg
「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」などと・・・なんとも派手なキャッチコピーが付いている。ブルー一色に彩られた・・・花の世界。

ひたち海浜公園9.jpg
連休期間中の3日、「国営ひたち海浜公園」のネモフィラハーモニーを見に行ってきました。

この季節になるとずっと行こうと思っていたのですが・・・毎回のごとく、時機を逸していました。
その理由は・・・見事に咲いたネモフィラの美しさ!しかしそれゆえの人気、目指す車の渋滞、人混みの多さを聞いていたものだから[がく~(落胆した顔)]
それでもやはり、死ぬまでには見ておかねばなるまいって[パンチ]

GW期間中に限り、開園時刻が7時半に早まるとの事。
7時半到着を目指すとしたら、5時に起きて、6時に家を出たら・・・高速で1時間あまり~~
オープン時間には楽勝よ・・・っと。この一連の流れは、日光の紅葉を眺める時と同じシチュエーションだわぁ~~!

ひたち海浜公園1.jpg
朝起きたら、靄がかかっていて素敵だった。少しずつ晴れてきて、水の張られた水田がキラキラしていました。

          ひたち海浜公園2.jpg
事実、高速道路の出口近くまでは余裕そのもの。
フッフッフ・・・ネモフィラちゃん、待ってってね~~と余裕こいていたのだけれど・・・。
その至福の時のなんという短さ。
     ひたち海浜公園3.jpg
7時チョッと過ぎには海浜公園到着・・・と目標をもって出たはずなのに。。。高速から下りるにしても・・・隙間なくビッチリつまった車の列は、1メートルたりと動こうとしない・・・これって、何なの[バッド(下向き矢印)]
8万人とも言われる人出は、私の予想を超えるものでした。思い出しても、凄かった[むかっ(怒り)]

ひたち海浜公園4.jpg
予定時刻をオーバーして、それでも到着。

                     ひたち海浜公園5.jpg
徒歩では疲れてしまうから・・・周遊する「シーサイドトレイン」に乗って行きます。
私達はまだ良かったものの、帰る頃に見たら、乗り物に乗るにしても何重もの列が出来ていて、その方達の待ち時間は半端ではなく思われました。

ひたち海浜公園6.jpg
少し走っていくと、海が見えます。
ネモフィラを目指して来る、車の列も見えました。あの調子では、まだまだでしょうね。来てしまった私達はすでに余裕ですけどね~~。

お~!、見えてきました!
        ひたち海浜公園7.jpg
おお~!車内から思わず上がる声[グッド(上向き矢印)]群生するネモフィラの花は、GWの風物詩。

          ひたち海浜公園8.jpg
埋め立て残土からなる・・・この「みはらしの丘」は、ひたちなか市内で最大の高さだそうです。

ひたち海浜公園10.jpg
一面に広がるブルーの世界は・・・そのままで・・・眼福[ぴかぴか(新しい)]

その合間を行く人の多さには、感嘆!
          ひたち海浜公園11.jpg
ひたち海浜公園で植えられているのは、「インシグニスブルー」という品種だそうです。

花の見頃はやはりGWいっぱい・・・それでも5月中旬までは可能だそう。

ひたち海浜公園12.jpg
約3.5haもの広大な「みはらしの丘」一面に、450万本のネモフィラの花が広がる様子は見ごたえじゅうぶん!

ひたち海浜公園14.jpg
空と陸と・・・360度。見渡す限りが・・・「空色」なのでした。

ひたち海浜公園13.jpg
可憐なネモフィラと、青空と、そして海が見せてくれる・・・パノラマ絶景は、こうして人々の心を癒し、楽しませてくれるのですね[るんるん]
thanks(73)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

最後は、ご当地・白河ラーメンで [ドライブ・近県]

台風が過ぎ去ってからの、急な冷え込みにより・・・関東各地でも、一気に秋満開の風景に変わってきている。
西郷村1.jpg
10月27日、福島県西郷村で。

山の木々が色づきはじめたと思ったら、ここ数日の朝晩の寒さ、一気に秋色が鮮やかさを増してきているのが実感されます。

この時のまだこれからって感じに染まった秋の色、青空にバックにして・・・紅葉の木々はそれなりのような・・・[ぴかぴか(新しい)]
福島県で最も南に位置する白河は奥州の玄関口として、かつては白河藩の城下町として栄えた歴史ある街。

西郷村2.jpg
しかし今回は、色づきはじめた木々を楽しむ為、山間の甲子(かし)温泉、新甲子温泉付近を行ったり、来たりして、最後の時間を過ごしたのでした。

西郷村3.jpg
下郷村へとぬけるルートの途中、甲子トンネルの手前だったかと思う。
自然の懐に抱かれた・・・秋景色。



以前西郷村(にしごうむら)で泊まった。その時の福島県側から眺めた那須連山の景色が良かったから、ここに載せておきますね。
ホテルエクシブ那須白河のお部屋のバルコニーから望んだ、那須の山々。
                   3406884.jpg
ここが日本であるとは思えない、ダイナミックな風景に圧倒されました。


白河と言えば、白河ラーメン。お昼はご当地ラーメンを食べるのが最適だと思いませんか。
しかしかつて白河市内でも食べた経験から、人気店はどこも混んでいる。行列なのを思い出しました。

                               
そこで近場にあった、西郷村役場そばの「手打ちラーメン ふくふく」さんへ。
ふくふく1.jpg  西郷村5.jpg
地元の人たちに愛され続けている、このお店。一番人気らしいワンタンめん700円なりを頂く事にしました。
お昼を過ぎた少し遅い時間に関わらず、ほぼ満席の店内。
店の壁に飾られているのは、最新版である「八重の桜」のポスター。ポスターにも何ヴァージョンかあるから、その都度張り変えているのでしょう。
昨年の夏に会津若松を訪れた、その頃からすでに福島県は「八重の桜」一色でした・・・。
勿論私もお隣の県に住むものとして、ずっと応援をし続けていますとも[グッド(上向き矢印)]

チャーシューに歯ごたえのあるメンマ、麺を彩っているのは・・・ナルト、ほうれん草に、煮卵と。大変オーソドックスなラーメンである事がわかります。
ピロピロとした手打ち麺に、ツルンとしたワンタン、濃口醤油のスープがよくからんで美味しい。
素材の味を活かした・・・定番のスタイル、味わいであると形容したら良いのでしょうか。

来店してくる皆さんを見ても・・・近くで働いている職人さんたちや、地元の方が多いようで、いわゆるグルメスポットとは一線を画すお店であると・・・伺えました。
手打ちラーメンふくふく
昼総合点★★★☆☆ 3.0


関連ランキング:ラーメン | 新白河駅




県内でも標高差により、11月初旬から12月中旬近くまで紅葉は楽しむ事が可能です。
さぁ、次はどこへ行こうか!なーんて、まだ行っていませんからね。
thanks(74)  コメント(14) 
共通テーマ:旅行

魅せられて・・・雪割橋 [ドライブ・近県]

那須湯本からは、那須岳へ向けボルケーノハイウェイをドライブ走行。
途中の車内からは那須岳、朝日岳と・・・雄壮な那須連山の眺望が楽しめました。
         雪割橋1.jpg

駒止の滝を観終わってから、向かった先は県境を越えたお隣の福島県。

雪割橋3.jpg
4年前の2009年泊まりに行ったのは、福島県西郷村(にしごうむら)にあるホテル。
次の紅葉スポットを求めて・・・その時とほぼ同じコースを使って行きました。
栃木県の那須と県境を越えた、福島県西郷村を結ぶ観光道路である那須甲子道路。
廃墟と化したマウントジーンズスキー場の脇を通り、その後も山間の道をひたすら走っていくと福島県の西郷村へと入ります。
西郷村追原地区のそば生産者の組合がやっているお店で得た情報が、紅葉の名所「雪割橋」であったのです。
            雪割橋2.jpg
橋の上から、渓谷を望んでみました。
思っていた程の鮮やかさはなかったけれど…知る人ぞ知る山奥の橋から、周辺の紅葉を眺める。それはそれで良い時間が過ごせました。

その時は12月だったのだけれどお店の方の強いお勧めから、食事の後にこの場所を見に来てみたのです。
「紅葉の時期ならもう最高なんです。雪割橋と言うところへも是非行ってみてください」って言われたものだから。。。

雪割橋5.jpg
阿武隈川に架かるアーチ式の鉄橋「雪割橋」。
橋を中心とした約4㎞間は雪割渓谷と呼ばれる、西郷村一の紅葉スポットだそうです。

「雪割」の名は一面銀世界となる冬景色を割るように、阿武隈川が流れる様に由来すると言う。
この日は私達以外にも結構な数のマイカー、観光バスまでやってきていました。
橋の袂には酪農農家が点在し、食堂兼土産物屋、バーベキューのできる公園等・・・も。

          
雪割橋の歴史、それは戦後の開拓の歴史。
昭和21年、戦後の混乱期の最中、食糧増産を目的として、この地区の開拓が始まるのですが・・・
油井ヶ原地区への立ち入りを阻むかのように切り立つのは、阿武隈の渓谷。開拓は命がけの「渡河」から始まった。
ここに橋をかけよう。それが雪割橋の歴史の始まりなのです。。

景色を堪能したら、次はお昼ね。続く・・・
thanks(72)  コメント(18) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

夏休み、BQQ隊結成…解散です。 [ドライブ・近県]

山で感じた・・・涼やかさはないものの・・・
それでもまだ家には、都内の自宅では楽しめない自然がある。お庭での・・マイプールだって。
小さなビニールプールだけどね[あせあせ(飛び散る汗)]

水着姿のままでフルーツ狩りって、ワイルドだなぁ~!
              pu-ru.jpg
爺が育てたミニトマトに、ブルーベリー、ついでに棚に生っているブドウも採りました。
これ、スッカリお気にいりになってしまったらしく・・翌日も、その翌日も、外を眺めては「やりた~い」と指差していましたっけ。
こんな些細な事でもじゅうぶんなのでしょうね。爺と婆の「食育」作戦は、成功なのです。

でも採ったトマトやブドウ、プールに浮かべて遊んでる[がく~(落胆した顔)]

庭に水を撒くホースシャワーも、スッカリ気に入ってしまって・・・。
将来は、消防士になりますか?
    この夏の思い出1.jpg

帰る前も、最後のプールを楽しむ。
去年もプール遊びはしたのだけど、一年経つと身体の動かし方、遊び方が全然違っています。
お気に入りであったアヒルちゃんで遊んだのは少しだけ・・・全身を使って、水の中でバタバタ[ダッシュ(走り出すさま)]
仰向けになったり、うつ伏せに寝転ぶようにしたりして、脚も思い切り動かして・・・一年で随分と成長したのが伺えました。
                        この夏の思い出3.jpg
側の花壇に咲いた百日草を摘んで渡したら、もっと、もっと・・・と、マリーゴールドも入れてしまい。フラワーバスならぬ、フラワープール[かわいい]女の子なのね。


リビングでもお店屋さんごっこをしたりして…
他にもいっぱい遊んだね。家にいる間中キャッキャ笑って、ずっと騒ぎっぱなし。。。
       この夏の思い出2.jpg

興味のない方には本当に申し訳ない[がく~(落胆した顔)]今日は内容が婆バカ日記になってしまってます・・・

北関東道から東北道、そして首都高速へ…何時ものように、都内の自宅まで送り届けてきました。

この夏の思い出4.jpg
助手席で暇だと、つい撮ってしまうスカイツリー。

何時もでしたら2時間くらいで到着するものなのだけれど。。
この日はお盆休みの最終日、途中何度か渋滞につかまり…3時に家を出て、それでもなんとか6時前には到着。


この夏の思い出5.jpg
帰路は何時ものように西新宿のビル群を、また眺めながらのドライブ。

夕暮れ時の景色もだけれど、車内が急に寂しくなっちゃいました[たらーっ(汗)]
疲れもした、でも楽しい三日間でした。
今年の私の夏は、こんな感じで終わりです。
thanks(79)  コメント(15) 
共通テーマ:日記・雑感

蔵王温泉「ろばた」で、日帰り入浴 [ドライブ・近県]

蔵王で日帰り入浴.jpg
ろばたさんの足湯です。
底の部分だけ湯の花で白く、でも溜まっているお湯は透き通っていて綺麗。勿体ない事に誰も利用していない・・・。この足湯は泊まったり、食事をしなくても、だれでも気軽に利用出来るよう解放されています。

貸切風呂へは店の脇から入る形。
食事中に話しておいたら、女将さんが鍵を開けておいてくれました。
雪よけの付いたドアを開けて・・・中は決して広いとは言えない脱衣場、ここでも金属部分が硫黄の成分によって真っ黒に変わっている様子が伺えます。

蔵王で日帰り入浴2.jpg
そして浴室と浴槽、家族で入るには十分な大きさですね。黄色のケロリン桶が目立ってます。

細かい湯の花が舞う、湧き出たばかりだからまだ透明に近い。かなり熱めの「ろばた源泉」が掛け流されています。
硫黄臭が漂って、贅沢な気分になる事この上なし[るんるん]
最初はそっと、しかし慣れると熱いお湯が心地よい・・・。
宿が持っている独自の源泉が、そのままの状態でドバドバとかけ流されているのです。

すっぽり顎まで浸かっていると、酸っぱいお湯が目にしみ、口に入るとしょっぱい。
湯船の縁に座ったり・・・。出たり入ったりを繰り返して、蔵王のお湯を堪能させていただきました。
こじんまりしたお風呂ですが 何故かとっても落ち着きます。
あまり長湯をしても湯あたりをしてしまうので・・・適当なところで出たものの・・・浸かればポカポカどころか、全身から激しく滝の汗[パンチ]
そのくらいの湧出量、凄まじい源泉パワー。
ろばたでは豊富な湯量から温泉床暖房、館内で使用しているシャワーや部屋の温水など全てが温泉を利用したものだそうです。
しかし普通の人なら、すぐお隣の「川原湯共同浴場」へ行くでしょう、そこなら@200円で入浴が可能なのですもの。わざわざ、ろばたの家族風呂を利用する事はないかもしれない。

このように何時でも温泉に入れるって我々からはとても贅沢に思える事ながら、それでもこの浴槽と、木造りの浴室を長く清潔に維持していくは大変な労力を伴うものであろう。
お店の方で「湯の花」の販売もしていたけれど、引き湯用の管内部の湯の花の除去や、硫黄による腐食で傷んでしまう箇所を修理し続けてゆくのだから。。
湯畑の上に浮かぶかのごとき川原湯共同浴場です。贅沢な程周りに捨て湯をしているのは、ろばたも川原湯もどちらも同じ。
思えばずっと以前「高見屋旅館」へ行った時、車から降りて歩いたのはこの辺りだったのですね。
最初の訪問だったから、蔵王温泉の湯量の豊富さとパワーに圧倒されたのでした。


温泉に入ってしまったので、帰宅後のお風呂はなし。
そして翌日、夜のお風呂に入ろうとしたら…身体から温泉=硫黄の匂いがプンプンしてきました。温泉好きとしては、上のお風呂を思い出してニンマリ~~!そんな些細な事さえ嬉しいの[グッド(上向き矢印)]
山形の美味しい山の恵みにジンギスカン、それから温泉だけを目的に行っても良いかもしれない。
http://www.t023.com/~zao/

蔵王で日帰り入浴3.jpg
蔵王の中腹から、上山市内を望む。
その後は高畠で、チョッと買い物をしたくらい。。山形まで行っても、ただこれだけで帰って来たのでした。

でも楽しかった、秋の気配を感じた充実の一日。
雨さえ降らなければ更に良かった。

蔵王で日帰り入浴4.jpg
買ってきたものです。
小まめに外出をするので特にお土産を買う習慣はなくなっています、この時も買ってきたのは自分土産ばかり。
山形と言えばりんご~~、じゃないけど。食べたかったのがりんごだったので。
それから辛口の白・山形ワイン
フルーツ王国山形ならではの、果汁100%ストレート ジュース「山形代表」、ぶどう赤、ら・ふらんす、ももの3種類の一緒に。
前回行った時に買った、玉こんにゃくの大袋がまだほとんど残っていたから・・・それに甘いものの誘惑にだけは負けませんでした。そう、先日紹介をした百米かりんとも売っていました。

火曜日だけが雨なのでした。このところ雨に降られる確率が高いような・・・
いつの間に私ったら、雨女になってしまったのでしょうね[あせあせ(飛び散る汗)]
thanks(94)  コメント(22) 
共通テーマ:旅行

蔵王名物、ジンギスカン [ドライブ・近県]

ジンギスカン.jpg
8月に泊まった蔵王温泉の宿「「お食事処・お泊り処・お湯処 ろばた」さん、昼間ここは食堂をやっていますので・・・
「川原湯共同浴場」のすぐ隣りにあります。
もう気分はスッカリ常連さんの私達[手(チョキ)]

ジンギスカン1.jpg
雨のせいか、時間的にも早かったせいなのか…お客さんの姿の見えない店内は、ヒッソリとしていました。
どうやら貸切の模様です。
「どこでもどうぞ」って女将さん。でも二人だから遠慮して、端っこのテーブルに座ります。

蔵王が発祥の地とされる、丸くて山型になった鉄鍋で焼いて食べるジンギスカン料理。
それは前回泊まった時に知った事・・・でも名物料理は、何と言ってもジンギスカンでしょう!

ジンギスカン2.jpg
これで一人前。サフォーク種の生ラム肉は、手切りのため肉厚です。
一般的なジンギスカンとは違って、ラム肉は焼いてからタレをつけて食べるスタイル。
大ぶりに切った厚めのお肉、添えてある野菜もキャベツ、玉ねぎ、ピーマンにカボチャ、エリンギ。そしてこんにゃく王国・山形ならではの・・・カットして手綱にしたコンニャクは、焼いて食べても美味しいの[るんるん]

ジンギスカンにお味噌汁とご飯、お漬物。そして小鉢のついた定食です。
ジンギスカン5.jpg
そこに付く小鉢は・・・、下にひき割り納豆が隠れてるイカ納豆。
食用菊の生産全国一の山形県だけに、食用菊の王様「もってのほか」の酢の物。ワラビと白滝・油揚げの煮びたしと…定食に付く小鉢の割りには一鉢、一鉢がチャンとした一品になっています。
これだけでも、結構お酒が進んでしまいそう。。

ジンギスカン3.jpg
そこに別オーダーで、蔵王の山の恵みである山菜、ミズの実の部分=みずこぶ。
郷土料理である、あけびの皮に鳥ひき肉とキノコを詰めたあけび焼きには、甘辛のお味噌がタップリとかかっています。
あけび焼きを食べたのは今回が二度目ながら、ネットリとした食感、野趣あふれる味わいがしました。
二人ともお腹が空いてしまっていたので、それに酔ってしまったらお風呂に入れなくなってしまうのでやめておきましたが、これだけ酒の肴ガあるのだからホントはビールが飲みたかった[バッド(下向き矢印)]

前回美味しかった芋煮が、メニューに載っていないので聞いてみましたら・・・
「芋煮は夜の泊まりのお客さん用にしか作っていないのです。昨日は団体さんで芋煮も入れてと予約があったから用意したんです・・・」ですって。
少し甘いすき焼き風の芋煮も、美味しかったのに。。。

紙のエプロンをつけて、お肉を焼きます。 食べます。
ウ~~~~ウ・ウマーイ[グッド(上向き矢印)]
ろばたのジンギスカンはやっぱり美味しい。これだけでも食べにくる価値があると思います。
ひとつ欠点を上げるとしたら、焼いて、食べてがとにかく忙しいの[あせあせ(飛び散る汗)]
ズラリと並ぶ他のものも食べないといけないし、ご飯やお味噌汁だってですもの。

地の物をふんだんに使った料理、こだわって選んだ食材たち。タレも特製の良いものを使っているって感じました。
ご飯は勿論、美味しいお米です。
ここは接客が良いとか、サービスに期待をすると外れなのですが・・・そういった商業主義的なイメージから離れたところに魅力があると思います。
夫も「愛想はないけど、あの女将さんは料理上手なんだ!
使われている山菜はきっと爺ちゃん、婆ちゃんが山で採って来て、上手に保存をしておくんだろうなぁ」って。
出てくる料理はどれも量が多め、その上味も良いのですから、言う事ありません。

そして奥の内湯も素晴らしかった。それは次回に。


関連ランキング:和食(その他) | 山形市その他


thanks(96)  コメント(23) 
共通テーマ:旅行

再び蔵王温泉へ・・・紅葉には早かった!? [ドライブ・近県]

火曜日は予報通りに雨でした。それも一日中降り続く雨。
翌日の今日は(24日)は、朝から雲ひとつない晴れと言うのに。。

         蔵王の紅葉3.jpg
蔵王山頂付近、スキー場リフト乗り場にて。

そんな雨に関わらず、またも山形まで遠征してしまった私達でした。
山形市内で仕事のあった夫、「その日何も予定がなかったら、一緒に行く?」って。
はい、それは勿論!
妻としてはそんな長距離ドライブ、夫一人で行かせるのは心配です。なんちゃって!
平日は常に一人、暇でいるのが事実なので・・・。
そしてあわよくば・・・すでに始まっているという山形の紅葉も観てきたいなぁ、な~~んてね[グッド(上向き矢印)]

しかし天気予報では、雨。激しい雨降りの一日らしい。
ドライブにはいまいちなそんな時には温泉が良いです!温泉を楽しみましょう!
・・・で思い出したのがこの夏泊まった、蔵王温泉の宿「「お食事処・お泊り処・お湯処 ろばた」さん。
http://hana2009-5.blog.so-net.ne.jp/2012-08-18
一日限定三室のみの隠れ家的な小さな宿だから・・・宿泊予約は取れずにいるものの、日帰り温泉にジンギスカンでもじゅうぶんですから[るんるん]

自宅から約250キロ、山形はやはり遠いです。
日帰りの為、早朝の6時に出発!
順調な出だしの割りに、東北道下りは途中の所々で渋滞あり。昨年の震災によりデコボコになってしまった道路の完全復旧舗装の為の閉鎖なのですもの、それは仕方のない事ですね。
蔵王の紅葉1.jpg
東北道から、山形道へ。ここを通るのは今年に入ってからでさえ何度目となるのでしょう。毎回思うけど、山形道は信じられないくらいの快走路なのだ[ダッシュ(走り出すさま)]山間を走るのだから、トンネルの数だけは多いですけれど・・・。

そして10時半過ぎには夫の仕事が終わり・・・
これからは自由時間の始まりです[グッド(上向き矢印)]

蔵王の紅葉2.jpg
コスモス畑越しに、蔵王を望む。選挙ポスターが完全に邪魔をしてますね。

山頂付近は白く煙って霞んでいます。これはもう雨、間違いなし。
それから、あわよくばと思っていた蔵王の紅葉は、まだ少しだけ早かった模様。
それでも山形市内から標高が上がるにつれ、山肌の色がチョッとずつ色づいていく様子はチャンと感じられました。

蔵王の紅葉5.jpg
ロープーウェー付近が少しだけ色づいている様子です。

蔵王の紅葉4.jpg
雨の為に車内から急いで撮った、どれも見事にピンボケです[バッド(下向き矢印)]
もう少し綺麗なところもあったものの、思うようには撮れず、気持ちは不消化なまま。


蔵王の紅葉6.jpg
実際に肉眼で見た時はもう少しだけ綺麗だったのです。温泉街の周辺の木々も、所々で紅葉していました。

そんなこんなの…蔵王温泉付近の紅葉を愛でた後、お昼ご飯、そして温泉ですね。

次回はその様子についてです。続く。
thanks(90)  コメント(19) 
共通テーマ:旅行

ベビ子のHAPPY BIRTHDAY☆その②☆ [ドライブ・近県]

このような内容、よその方には迷惑とわかってはいるのですけれど。人の子供なんて見たくもない方もいらっしゃるでしょうに・・・・
それでも続けてしまいます。

いよいよバースディケーキの時間。可愛らしいロウソクに火をつけて。
さぁ、本番ですよ[バースデー]
             ベビ子のHAPPY BIRTHDAY☆その②☆1.jpg
「お誕生日おめでとう、ベビ子!」[ハートたち(複数ハート)]
しかし当のベビ子は、キョトンとしたお顔!一歳にようやくなったばかりなのですもの、当然と言えば当然です。
先にちらしずしをたくさん食べてしまったせいか、ケーキは思ったほど食べませんでした。もうお腹がいっぱいだったみたいで・・・。

ケーキの後は勿論これ。お楽しみのプレゼント大作戦だ[プレゼント]
事前にリクエストを聞いたところ、「木製のおままごとセット」という事でしたので。。幾つかリストアップした中から選んだのは・・・木のおもちゃ、雑貨家具の企画販売、世界中からセレクトした小物販売をしているメーカー「MILAN」さんのおままごとキッチン。
そこにりんごのまな板包丁セット、大小のお鍋フライパンセットもプラスしました。
いつの間にかチョコチョコとやって来たベビ子は、興味シンシンな様子で参加しています。

ベビ子のHAPPY BIRTHDAY☆その②☆2.jpg
小さなお手々でシールを剥がしたり、包装紙をビリビリ破って遊んでる。
早速入っていたりんご型のまな板を片手に、もう一方では炒め物食材の方の箱へも手を伸ばしています。


ベビ子のHAPPY BIRTHDAY☆その②☆3.jpg
それからは、疲れたのか・・・お昼寝タイムでベッドに入ったのもつかの間。。。私がのぞいたら、起きちゃいました。
その時の「あれ?何か何時もと違う」「そこで笑っているのは誰ですか?」って感じの顔。
最後には皆揃って、生まれた時からのビデオを鑑賞し・・・一人前にベビ子も見ていました。

私達大人のおやつは、チョコレートの専門店として1999年にオープンした「ミュゼ ドゥ ショコラ テオブロマ」のケーキ。
テオブロマは全国のチョコレート愛好家の間で人気のある、ショコラティエ土屋公二さんのお店です。
私達が行く前、息子がベビーカーを押して出かけていたのはここのケーキを買う為だったのですね。

ベビ子のHAPPY BIRTHDAY☆その②☆4.jpg
難しい名前ばかりのケーキは、「フォレ ノアール」「タルト フリュイ」「モンブラン ショコラ」等。
私は「ヴェリンヌ ショコラ オ レ」をチョイス、上にのっているポロポロ=香ばしいプラリネ、とコクのあるミルクチョコレートの2層のムース。
アクセントとして杏とオレンジの甘酸っぱいソースを下に敷かれていて、これは美味しい[グッド(上向き矢印)]http://www.theobroma.co.jp/


ベビ子のHAPPY BIRTHDAY☆その②☆5.jpg
こちらは、帰宅後に送られてきたメールに添付されていた画像。
私達が帰った後、ずっとままキッチンで遊んでいたのですって。踏ん張ったあんよがご愛嬌[るんるん]
夕ご飯のお仕度のつもり?チビママさん振りがもう板についている感じがします。
でも~~奥様、お肉を焼く前にかぶりつくのはやめましょうね[あせあせ(飛び散る汗)]
小さな子供って、何でもこうしてお口に入れて覚えていくものなのでしょう。

息子宅のリビングに飾られていた一年間のベビ子の成長の様子、今はリボンでつなげて我が家のリビングに飾りました。
               ベビ子のHAPPY BIRTHDAY☆その②☆6.jpg

日にちの経った今も、私達は写真を目にしながら・・・楽しかった余韻にまだ浸っています。
しかし今月はベビ子月間であっただけに、これからの日々をどうやって生きていきましょう[バッド(下向き矢印)]
thanks(90)  コメント(30) 
共通テーマ:日記・雑感

ベビ子のHAPPY BIRTHDAY☆その①☆ [ドライブ・近県]

ベビ子BIRTHDAY PARTY1.jpg

先の日曜日。
前もってオーダーしておいたお餅とネットで購入したプレゼントをもって、朝8時には自宅を出発[ダッシュ(走り出すさま)]そう、気合入ってます。
この日は行きも帰りも何時になくスムーズで、10時には都内に到着してしまいました。
そう言えば帰りの東北道では、反対車線の上りが混んでいた。紅葉にはまだ早いのに、皆さんどちらにお出かけをされたのかしら?

ベビ子BIRTHDAY PARTY2.jpg
何時ものように代々木公園駐車場へ車を置き、駐車場内から見た西新宿方面です。
ホテル・パークハイアットと東京都庁は何時もながら目立ってます。
日が陰り始めたこの日は、途中のスカイツリーは霞んでしまってよく見えませんでした。

トップの愛情いっぱいのお部屋のデコレーションは、前夜ママとパパで作ったのだそう。とても可愛いです[るんるん]
ベビ子がこれまでになく一番動き回る時期であり、大きな声も出してしまうので、今回はお家パーティにしました。
イベントもそうですが、まずは乾杯かな[ビール]
             ベビ子BIRTHDAY PARTY3.jpg
前夜渋谷のデパートまで買い求める為走ったイチゴの特製ケーキは、蒸しパンにヨーグルトクリームがデコレーションされたママ特製のケーキです。

ベビ子BIRTHDAY PARTY9.jpg
大人達の海鮮ちらしずしとは別に、ベビ子用のご飯は柔らかく煮た人参や大根がのった、お野菜ちらしずし。
ベビー用おせんべいにチョコペンで書いたネームプレートは。アイディアですね。

ベビ子BIRTHDAY PARTY4.jpg
テーブルに用意されたご馳走の、前菜はフランスパン&リエット。
そのむこうは前の週に遊びに来ていた札幌のお婆ちゃんと旅行してきた、箱根土産の金目鯛の黒コショウ焼き。
トマトと新鮮アスパラが美味しかったミックスサラダに、カボチャの鳥そぼろ煮。
海鮮ちらしには、エビ、イカ、タコにハマチにサーモン、そしてイクラのトッピングがタップリ!ハマグリのお吸い物も美味しかった[グッド(上向き矢印)]
ビールの後、息子と二人で日本酒まで飲んでしまい、酔っ払いバアチャンになってしまった私[あせあせ(飛び散る汗)]
主役は自分だと自覚をしてか、爺じと何度も乾杯をしてハシャグベビ子。でも危険防止の為(テーブルのお料理に手を出してしまうから)、おイスはテーブルから遠ざけてありました。
ベビ子BIRTHDAY PARTY5.jpg
前髪が伸びてきたので、最近のマイブームはこの大五郎ヘア。結構似合っています、婆バカね!

そして両親二人よりも私達がどうしてもやりたかった、誕生餅の登場だ~!
                                ベビ子BIRTHDAY PARTY8.jpg
一升をお餅にしてもらうと、そこに水分が入るから重さが2キロになってしまいます。縁起ものなので紅白の二段重ね、これをリュックに入れて。。
リュックは嬉しい事に、まさにジャストサイズなり。

最初はパパに手を引かれて、次は爺じの誘導によってベビ子は堂々とした主役ぶりを発揮。重い荷物を背負って、シッカリ歩きました。
ベビ子BIRTHDAY PARTY6.jpg
普通は重くて転ぶか、泣き出すかのどちらかなのに、途中でピョンピョン飛び跳ねる余裕さえ。
動じない性格と言うか、ホント大物さんですね[グッド(上向き矢印)]
この一年は、離れて暮らす私達にはあっという間の一年でした。
16日が本当のお誕生日なのですから、二日前のこの日はまだ生まれていなかったものを。
でも生まれてきてくれてありがとね[揺れるハート]
こうして側にいるだけで、私達は幸せな気持ちになってしまうのですから!

・・・という事で、今日はここまで。
先月までの東北月間に続いて今月はなにしろベビ子月間でありますので、これもどうぞお許しくださいませ。
明日に続く。。

thanks(101)  コメント(29) 
共通テーマ:日記・雑感

ハードな日帰り、福島弾丸ツアー・・・その2 [ドライブ・近県]

福島県の面積は13,782平方キロメートル。全国では、北海道、岩手県についで3番目の広さだそうです。
そんな中今回もたいした観光もなく、って観光らしきことは全くなくただ走って帰って来てしまいましたが・・・
よろしければ、ドライブの後半をどうぞ。

震災による東北地方の観光客の減少への対策企画である「東北博覧会」http://www.visitjapan-tohoku.org/
その東北博覧会専用パスポートに捺されるスタンプを求めて向かったのは、福島市。正確にはJR福島駅でした。
駅の駅前ロータリーってこんなに広々としていましたっけ?構内も、心なしかガランとしています。
次の目的地は会津若松1.jpg

と言っても、ここ福島駅に降り立った経験は二十年くらい前。
小六の息子と親子3人で「青春18キップ」を利用して、仙台の七夕を見に行く途中に乗り換えの時間があったから降りたのがたぶん最初で最後の事かと。。
福島市には、桜で有名な「花見山」があることから、一度は見に行きたいと思いながら・・未だその願いは叶っておりません。
郊外の高湯温泉付近や、フルーツラインはよく通っているけれど・・・。
駅二階の観光協会で、この日3個目のスタンプをゲット[パンチ]

        福島産の桃.jpg
この日もせっかくなので福島産の桃を買って来ました。
次の外出を控えての節約旅なので、この時もお土産らしきものはたったこれだけ[あせあせ(飛び散る汗)]

次の目的地は会津若松です。
しかしここでも高速にはのらず、土湯温泉、中ノ沢温泉付近経由で。

次の目的地は会津若松2.jpg
山間にそっと佇む温泉街では雨に降られたものの、目にしたのはホッとひと息する光景でした。


次の目的地は会津若松3.jpg
広がる田園では頭を垂れる稲穂を見つめて、またその合間に点在する真っ白な蕎麦の畑を車窓から眺めて・・・秋蕎麦の花がちょうど見頃を迎えていたのです。

         次の目的地は会津若松4.jpg
福島県の昨年の蕎麦の収穫量は全国第二位。お蕎麦の一大産地なのだそうです。

次の目的地は会津若松5.jpg
猪苗代から、これから向かう会津若松を望んで。付近はもうすっかり秋の気配が濃厚です。

車は城下町・会津若松へ。でも向かったのはお城ではなく駅。

次の目的地は会津若松6.jpg
駅前に立っていた像、そう会津と言えば「白虎隊」ですね。
そして来年の大河は、ここ会津若松生まれである新島襄の妻・新島八重の一生を描いた「八重の桜」。
http://www9.nhk.or.jp/yaenosakura/
豊かな大地で育まれた天高き「志」。
戦いに敗れてもその眼差しは決して下を向くことはなかった。
故郷の魂を胸に、激動の時代を逞しく生きぬいた主人公たちの物語。
諦めてはならぬ。勇気をもって未来を信じて、どんな苦境にあっても、人は幸せでなくてはならないとする。
メッセージを込めた物語は、ヒロイン八重を人気絶頂の女優・綾瀬はるかが演じる事も含めて、必見のドラマとなる事でありましょう。

会津の街は、駅構内を含めてもうすでに「八重の桜」一色で盛り上がっておりました。
今も城下町の佇まいを感じさせる名所、旧跡が数多く残る町並みが続きます。
やはり、これはお約束!会津若松のシンボルである「鶴ヶ城」を、お堀の側から。
残念ながら、天守閣は頭の部分がチラッとだけ[バッド(下向き矢印)]
次の目的地は会津若松7.jpg
戊辰戦争では攻略戦の舞台ともなった城では八重も男たちに混じって奮戦し、約一か月の籠城の末。会津藩が降伏した因縁のところ。

原発事故の風評被害に、どうか負けないで。
そういう私達もむやみやたらに恐れずに根拠のない噂には惑わされず福島県を応援していきたいものと改めて思う一日でありました。

帰路は、県内の西部。
次の目的地は会津若松8.jpg
会津東山温泉、芦ノ牧温泉、湯野上温泉を通って、会津田島から栃木県内を南下して帰って参りました。
この日の移動距離は、515キロ。約13時間のドライブが無事終了!

さぁ、明日からは先週末に行った秋田&青森編ですぞ[ダッシュ(走り出すさま)]
thanks(69)  コメント(15) 
共通テーマ:旅行

ハードな日帰り、福島弾丸ツアー・・・その1 [ドライブ・近県]

先週の日曜日(9月2日)の事。
前夜、夫が「明日は早く起きて、福島へ行かないか」って。私はだた横に乗っているだけですもの、別にいいわよ。
・・・という事で、下の地図です。
              admi07.gif
朝の7時少し前に家を出発し、一日かけてグルッと福島県を一周してきた様子が一目でわかるというものね。

日帰り・福島1.jpg
9月に入り県内各地でも、もうすっかり稲がスッカリ育っています。黄金色に輝く稲穂が垂れて、あとは稲刈りを待つだけの様子が伺えます。
行きは節約の為、高速は使いません。
県内を北上して大田原、黒羽へ。大きな水車が目印である伊王野の道の駅を過ぎたら福島県境も間もなく。。
棚倉方面へ、山中で電線&電柱が途切れたら、そこは栃木・福島の県境でした。

日帰り・福島2.jpg
鮫川から細い県道をゆく最中はずっと雨、先程まであんなに晴れていたと言うのに。。
いわき湯本を通り越して、目的地であるJRいわき駅へ。
いわきへは何度か来ているものの、JRの駅は初めてなのでした。
日帰り・福島3.jpg

いわきと言えば、誰もが知るのは「スパリゾートハワイアンズ」。
映画「フラガール」でもスッカリお馴染みとなったこの街、だから観光案内所のお姉さんも、駅前で待機しているタクシーの運転手さんも皆アロハシャツ姿なのだ。

こちらでまず一個目のスタンプをゲット!
スタンプものに弱い私達は、先月の北東北旅行の時に「「東北博覧会」と銘打つ企画に出会って、その後は行く先々で東北博覧会専用パスポートに捺されるスタンプをせっせと集めはじめてしまっているのです。
「東北博覧会」http://www.visitjapan-tohoku.org/
先の秋田、岩手で、途中から観光よりも駅巡りの方へはしってしまっていました。私達ったら、JRさんの戦略にまんまとのせられてしまっております。
あ!こんな事言っている場合ではなかった。まだこれから、郡山、福島へも行かないと!
先は長いのです。

日帰り・福島4.jpg
いわきからは磐越自動車道に乗りましたが、それにしても走行車が少ないような・・・・
やはり震災と原発事故の影響が出ているのでしょうか。
滝桜が有名な三春を過ぎて、一路郡山の駅へと参りましょう。

           日帰り・福島5.jpg
ここでは観光センターのお昼休みの時間にギリギリでセーフ。もうチョッとで危なかったぁ。
広い福島県ですもの、午前中に二か所は済ませておきたいと言うもの!
しかし二個目のスタンプも無事にゲット出来ました。

では私達もここでお昼ご飯を食べましょうか。
お昼のリサーチも特にしていなかったものですから、お昼も適当なところで済ませてしまったのです。
日帰り・福島6.jpg
高速の東北道へ入る手前、ギリギリのところで目に入った中華のお店「大昇楼」さん。
適当に入ったところなので、無難なところで夫は五目麺。私は酢豚定食にします。
日帰り・福島7.jpg
カラッと揚がったお肉にシンプルな玉ねぎとピーマン。隠れてしまっているけれどパイナッポーも使われた昔ながらのシンプルすぎる酢豚です。
特別美味しいと言うほどでもないけれど、安心して食べられるって感じでしょうか。
地元客らしい車が次々に入っていくのを見て、私達もその気になったものながら・・・
地元民に愛される昔ながらの中華料理店。そんな感じを受けました。
店内に漂うムード、また働いているのが一人をのぞいて見事にお年を召した方ばかりであったのもすご過ぎる。
かなりマイナーなお店と思ったら、ちゃんと食べログにもありました。
http://tabelog.com/fukushima/A0702/A070201/7002330/

次は福島、その後は会津若松。
福島の県庁所在地である福島。それだけに福島市は、当然ですが大都市です。
そして車窓から眺めた、黄金に輝く稲の実り、可憐な蕎麦畑の白とのコントラストが鮮やかな会津若松付近と・・・。
まだまだ先は遠い。また長くなってしまいますので、今日はここまで。
福島県は、何しろ大変広いのですから。。。

金曜日から昨夜遅くまで、北東北応援ツアーへ行っておりました。
またも秋田、それから青森までです。
しかし忘れてしまわない内に、その前の福島編のアップを致します。どうかお付き合い下さいね。
thanks(85)  コメント(26) 
共通テーマ:旅行

天然酵母田舎パンのお店「ルヴァン-Levain」 [ドライブ・近県]

お部屋でひと遊びした後は、皆で富ヶ谷にある天然酵母田舎パンのお店「ルヴァン-Levain」へ歩いて行ってみました。
暑い日でしたが、ベビ子もお散歩がてらママ、パパと一緒です。
代々木八幡の駅からはそう離れていない井の頭通り沿いにあるお店は、入口のボードに季節のパイ&パンの名前が書かれています。
代々木で6.jpg

こちらのお店のパンは以前にも二人が、お土産として買ってきてくれたことがありました。
http://hana2009-5.blog.so-net.ne.jp/2010-11-22

ルヴァンは長野県の上田市内にも、信州上田店があります。
上田市の柳町通りに、北国街道の面影を宿す古民家風のお店。どちらも一度は訪れてみたいところなのでした。「嵐」の「松潤」が数年前に来店済みだとか。。

             代々木で7.jpg
パン棚の奥、店舗の隣りにはカフェ・「ル・シァレ」も併設されています。どうやら店内は撮影禁止だった模様。でももう撮っちゃった!
夏だからか、オープンテラスになっていました。

やはり有名店、かつ人気店らしく・・・そうしている間にも次から次へとお客様がやってくるのです。


私が買ってきたものは・・・
代々木で9.jpg
お嫁ちゃんお勧めの「玄米キッシュ」。これはそのまんま、中身であるお米の味です。

その隣りが「メランジェ」。「メランジェ」は一言で言ってしまうと・・・クルミ入りのレーズンパン。
クルミ等のナッツがギッシリと入った自家製酵母使用のライ麦パンです。形、大きさはさまざまなタイプで3種類置いてあります。
「1センチ位にうすくスライスしてお召し上がり下さい」ですって。お店でスライスしてもらいました。

「たまねぎのパン」は季節もの! たまねぎの入ったパン?と思われるかもしれないですけど、これが意外と合うんだなぁ。
たまねぎの香味がタップリ感じられて、これ、はまる人ははまってしまう味かも!って思いました。
アルミホイルで包んで温めて食べたら美味しかったです[るんるん]
最後のは、「ルバーブパイ」。
太くて赤い蕗のようなルバーブは、日本ではあまり馴染みのない食材ですが・・・
ヨーロッパでは砂糖と煮詰めてジャムにしたり、ジュースにしたり、サラダに加えたりとさまざまな用途で使われています。
ルバーブジャム以外で、生のフレッシュルバーブを見たのは、軽井沢銀座の中の八百屋さんでした。
そこでは他の野菜と一緒にごく普通に売られていました。10本くらいの束になって数百円で売られていたかと思いますが。。でもその時は、買って自分でジャムを作ってみる勇気がなかったのです。

しかし現在、高級食材店や自然食品店などにはルバーブのジャムが置かれているのも、決して珍しい事ではありません。
甘酸っぱいルバーブは、いかにもヨーロッパの人が好みそうなチョッと癖のある風味がします。
http://levain.chottu.net/


             代々木で1.jpg
↑は、行きの午前中に撮った、15日のスカイツリーです。朝の内なので、何だか霞んでいる感じですね。
これまでも数多く、このショットはみてきているものの…これからもずっとそれは続くのでしょう。


             代々木で8.jpg
帰り道では、西新宿に建つこちらのホテルもね。

新宿・渋谷と言った繁華街に挟まれているこの辺り、その割りには静かだから住みやすいみたい。
渋谷からは、代官山も恵比寿も電車一本。
名物シェフの味も手軽に味わえるこの付近、私のような食いしん坊にとっては目の毒と言うものです[台風]

thanks(90)  コメント(19) 
共通テーマ:グルメ・料理

スクスクで~す! [ドライブ・近県]

先週になってしまいましたが…息子夫婦のところに遊びに行って来た時の事を書きます。

前回と同じように代々木公園内の駐車場に車を置いて歩き始めたところ、後ろからやって来たのは公園内でワンコを遊ばせていたファミリー。
歩いていた二匹のワンコを見て、私はビックリしてしまいました。
付けていた首輪&リードが、二匹オソロでLVのモノグラム[がく~(落胆した顔)]シンプルなTシャツ姿の奥さんの腕には、こちらもスーパーブランドであるエルメスのバッグが。。。
驚く私をしりめに、3人プラス2匹はタクシーを停めると慣れた様子で乗り込んで行ってしまいましたのさ!
サスガは東京です、リッチな生活をなさっている様子。ワン様もね。

            代々木で4.jpg
それとは全く関係はありませんけれど・・・ ↑は、デザートに食べた代々木公園プリンです。

この日は暑かったせいもあって、私達とベビ子は一緒にずっと室内で過ごしていたのでした。
だからお昼ご飯も、ママ=お嫁ちゃんのお手製でした。

代々木で2.jpg
大好きなお店、渋谷にあるパティスリー「ヴィロンVIRON」のバケットRETRODOLE。
お肉~、お肉~~の息子用なのかな?ボイルドソーセージはレッドマスタード添え。
駅近くデリショップ「アトリエベック」さんで調達したとの、ポークリエットに白レバーペーストにはプラム?の赤ワインソース煮がトッピングされていました。
レバーペーストに添えた甘酸っぱいソースは、正にツボ[パンチ]
こういったハード系のバケットに甘いジャムは絶対合わないと思うから、普段から何もつけずに食べていましたが・・・。
今回のように、シッカリとしたリエットやレバーペーストを合わせて食べたらホントに美味しい。
ハード系には、マストアイテムなのですね[グッド(上向き矢印)]

代々木で3.jpg
夏野菜を使った、サーモンやエビ、生ハムなどのサラダが3種類。
この季節にはよく作ると言うラタトゥユ。
ラタトゥユはお野菜を煮込むだけだもの、私だって作ります!なんちゃって、そんなとこ張り合ってどうする気[わーい(嬉しい顔)]
お土産には県内産の新鮮なお野菜をいっぱい持っていったから、ラタトゥユはこれからも登場するのでしょうね。


食後のデザートは、富ヶ谷の「クロスブレッドキッチン」の名物スイーツ。トップのプリンたちは、 TVでも紹介された「代々木公園のプリン」。
4人なのでチーズプリン・カボチャプリン・杏仁プリン・チャイのパンナコッタの、4種類の味が楽しめました。
どれも小さな懐かしい形のガラス瓶に入っています。
テイクアウト用のプリンは麻ひもで結ばれていて、蓋のカバーにプリントされたのはクロスブレッドキッチンさんのキャラ「アライグマのクマゴロー」。
可愛いです、だけどなぜにアライグマ?
http://www.c-bred.com/
チャイのパンナコッタを食べた私。
シナモンスティックのスパイシーな風味が効いていて、いかにもチャイな味。そしてお口に入れると、トロ~ン!
夫のパンプキンも私のもの。こちらは家に帰ってきてから食べました。
一口食べると濃厚なカボチャの風味。こっちのトロトロ~ンしたなめらかな舌触りも、とても美味しい。
どれもプリンというより、ケーキの味わいが強くしました。


9か月に入ったベビちゃんは益々元気、すくすくと育っておりました。
もうお座りもスッカリ安定して、おもちゃで一人遊びも出来るのです。
ハイハイの時、お尻を持ち上げるのだってお得意よ[るんるん]
              bebiko.jpg

これは我々が行く前、今月初め頃に某スタジオで撮ってもらった中の一枚です。
髪の毛が少し伸びたから、お花付きのカチューシャがお似合い。
なんかもう立派なリトル・レディって感じではありませんか。はい、立派なばばバカです[バッド(下向き矢印)]

thanks(89)  コメント(25) 
共通テーマ:グルメ・料理

ビストロジローでランチ [ドライブ・近県]

「たまには、ランチを食べさせて~~!」と、連れて行ってもらったところは「Betterave Bistro Jiro」さんでした。
店のテラス席はワンコOKなので、ワンコ連れが大丈夫ならベビーカーも可だと思ったのですって。
JR向こうの原宿と同じで、この辺りはこのスタイルのお店が多いです。
確かにわんこ連れ率は高い。ついでに走っている車はBMかベンツ、皆さんリッチですね。
ちなみにこの日の我が家、私達が乗っていったのはETC割引が安くなる軽の乗用車でした。庶民代表ですから・・・

Bistro Jiro3.jpg
マンションの一階に店を構えるレストラン。
テラスのテーブル席、パラソルの下で頂きます。
お隣のテーブルでは可愛くて仕方がないのか、わんちゃんをお膝にのせたファミリーが食事中でした。

ランチメニューは数種類から選べる選択肢の多さは魅力ながら、どれも皆美味しそうで[グッド(上向き矢印)]迷ってしまいます。

Bistro Jiro1.jpg
まずは、スパークリングワインで乾杯!運転する夫、ベビ子ママは飲めません。

2000円の高い方のランチをチョイスした私。
前菜はキッシュに、ガチョウのリエット、生ハム、サラミ等でスゴイボリューミー。
サラミの下にはレタスやトマトお野菜たっぷりのサラダ、かかっていた酸味の効いたシーザー系のドレッシングは飾らないお味です。
他には紫キャベツ、キノコのマリネも。

メインは、ノルウェー・サーモンのグリル。見た目からしてボリューム満点でしょう!
ローストしたサーモンにたっぷりの野菜・アスパラにモロッコいんげん・ポテトがお豆と一緒に盛りつけられています。
デミグラソースソースに、緑色のジェノベーゼっぽいソースは白ワインが効いていて美味[グッド(上向き矢印)]
全体的に素材の美味しさ、ソースの美味しさを味わうことができました。
〆のデザートのクレームブリュレは、チョコをトッピングしたバニラアイスクリームがのっています。

Bistro Jiro2.jpg
夫のチョイスは、ハンバーググラタン。こちらもスゴイ量です。
軽くトーストされたパンもいけます。
ただしこっちの前菜は、キッシュとサラダのみ。〆のデザートのブラマンジェは、マンゴー&ベリーソースがけでした。
息子の食べたハラミのステーキも、一切れ貰ったけど美味しかった。
お隣さんが食べていたテリーヌ、それはパスタランチの前菜。見るからにも美味しそう。。。

元ウクライナ大使館の料理人だった経験を活かしたシェフによる、ウクライナ・フランス・香川のマリアージュ…と、ボードには書かれていたかしら…
外から見ただけながら、フレンチのカフェイメージした内装の店内にはポスター。
カウンターの上のメニューボードに可愛いチェブラーシカ(こちらはロシアだけど)のイラストも描かれたメニューなどが壁一面に広がっていて、オシャレなだけでなく可愛らしかった[揺れるハート]
フレンチのカフェをイメージした内装のムードはまさに好みです。お料理の方もボリュームがあって美味しかったです。
風もなく温かな午後のランチでした。ごちそうさま[グッド(上向き矢印)]
この界隈にはこんなお店がいっぱいあって、何時でも美味しいものが食べられるって、羨ましい~!!
「Betterave Bistro Jiro」さんのサイトはhttp://www.j-ltd.co.jp/

thanks(91)  コメント(23) 
共通テーマ:グルメ・料理

都内で桜、プレスリーも食べたNYチーズケーキ [ドライブ・近県]

この冬も寒さが厳しかったせいか、今年の桜の目覚めはとても遅い。
それでも先週末から、都内では桜が満開だと言います。
それに合わせてという訳ではないのですけれど、日曜日は息子夫婦のところへ遊びに行って来ました。

お花見.jpg
向かう途中の高速道路。周囲の山々からも、春の気配が感じられます。
山の木々が芽吹いて何とはなくモクモクしている、全体的にモワッとしているのわかりますか?

そしてもうお馴染みのこちらのも。
首都高って防音壁だらけだから、意外に写真は撮れないもの。斜めになってしまっているのは、私が悪いの[あせあせ(飛び散る汗)]


到着後はベビ子の顔を見るだけでなく、せっかくなので5人でお花見もしてきました。

桜5.jpg
すぐ近くの代々木公園は、サスガに都内でも人気のスポット!
それだけに、この日もお花見客でいっぱいなのです。

              桜.jpg

私はそれ程歩けませんし、またベビ子もまだ小さいのですから…私達はそのすぐお隣。代々木八幡駅近くの富ヶ谷「代々木深町小公園」、ビルの谷間の公園内でささやかなお花見することにしました。

桜2.jpg
こちらはこじんまりとした小さな公園ながら、地元民には人気があるらしい。。。
ブルーシートを広げて、お花見弁当を広げているグループが沢山です。

桜4.jpg
桜の下のベビ子とパパ。ソメイヨシノと○○ちゃん!これが初めてのお花見ですよ[るんるん]

息子達は前日もガーデンセットのテーブル&イスを広げて、テイクアウトしたデリやワインを楽しんだのですって。
しかし風が強く寒いお花見だったそう。

園内では富一商店会主催の町会対抗ソフトボール大会の開催、テントでの出店もありました。
次々と人が集まってきていました。公園はすっかりお花見モードです。

              桜3.jpg
それは、私達も同じ。
青空の下のお花見って、どうしてこんなに気持ちが良いの。ついニコニコ笑顔になってしまうものですね。
お隣の代々木公園は人の多さから、更にもっと賑やかなのでしょう。
でも私はこちらでじゅうぶんです。
地元より、一足も二足も早いお花見が楽しめて良かったわ。


桜を楽しんた後は、コーヒーとスィーツで一休み。
お嫁ちゃんが用意しておいてくれたのは、ニューヨークの老舗ダイナー「ジュニアーズ」のチーズケーキでした。
チーズケーキの王様[ぴかぴか(新しい)]だそうです。
70年代の新聞や雑誌では「ニューヨークNo.1チーズケーキ」と取り上げられ…NYグランドセントラル駅やタイムズスクエアにも店舗を構えるほどの人気店だと言います。

ニューヨークチーズケーキ.jpg
オレンジストライプのボックスが、いかにもポップ!アメリカンなイメージで可愛い[かわいい]
ずっしりとした重みのチーズケーキは、ゴールドの焼き色。チョコのマーブル模様もオシャレです。

ニューヨーカーはもちろん、現在も多くの著名人や観光客に愛されている老舗の味を実食!!

口に運ぶと、とってもクリーミーな食感です。
想像以上の甘さ。しかし底の部分・台のココアのスポンジがしっとりとして良いアクセントになっています、濃厚チーズのニューヨーク味でした。
http://www.plazastyle.com/plaza/promo/pickup/food/junior's_cc/index.html?qr9=juniors

でもその前に食べたビストロランチのあまりのボリューミーさから、残念ながらホンの少ししか食べられず。。。
味が気になったので一口だけ食べて、残りは家に持ち帰ってきたシッカリものの私。
そのランチについては、次回に続きます。

チーズケーキは、楽天でお取り寄せ可の模様です。




thanks(79)  コメント(27) 
共通テーマ:グルメ・料理

お雛祭りに、東京えんとつ [ドライブ・近県]

翌日はさらに南下して、都内の息子夫婦のところへ遊びに行きました。
これ、お約束!何時ものパターン!
夫は月に一度は、ベビ子に会わないではいられないと言います。一週間前の都内出張の折も、一人だけで顔を見てきたばかりと言うのに。。。
こうして毎月行っている内、我家から都内へは本当に近いものとなっています。
東北道から首都高速へ入った途端に見えてくる。ホントはその前から、ずっと見えてはいるのよ。

           19日.jpg
日曜日の東京スカイツリーの様子です。 高さ634メートルのスカイツリーは、開業までにすでに3か月を切っています。
チケットの売れ行きも良いみたいですね。


今回も高速に乗る前近くの道の駅でお野菜を仕入れて、持っていきました。その時「桃の花」の切り花があったから、それも一緒に。
そうベビ子は、来月が「初節句」なのです。

                      19日2.jpg
買ったばかりだったから丸っきりの蕾だけ。
あれから少しずつ膨らんで、綺麗に咲いていてくれたら嬉しいな。カワユイお雛菓子も買っていってお雛様と一緒に飾りました。
こうしてこれからも毎年飾って楽しむのでしょうね。
それでも3月3日を過ぎたら、速攻で仕舞ってしまうつもりだとか。そんな些細な事は気にしない二人かと思っていたから…思わず笑ってしまいました。

この日のお茶に出たのは、山下晴三郎商店の「東京えんとつ」。
         19日4.jpg
港区の麻布十番に店舗がある、有名なスィーツらしいです。

お嫁ちゃんは、デパートの催事場で購入してきたとの事。直前までその気はなかったものの、「これ、スッゴク美味しいんだよ~」と言っているカップルがいたから、思わず買ってしまったとか。
「それって、さくら?」
「知らない人の口コミで買ってしまったスィーツですけど・・・さぁ、食べましょう!」。

でも食べてみたら、確かに美味しかった。

まずは、渋いっ!店名も商品のネーミングも。どちらもインパクトあり過ぎでしょう。
ジャンボきのこ、でっかいエリンギみたいな形も面白い。
いくつか種類がある中で、これはプレーンなタイプのよう・・・・
一言で言えば、シフォンケーキやスフレのカップケーキ版です。

中身はクリームがタップリ~~惜しげもなく~~ その上、生クリーム&カスタードは滑らか。
スポンジ部分と合わせて、お口にア~~ンすると・・・フワフワな食感と、控えめな甘さが嬉しいです。
食べていると、シャリシャリしたザラメがアクセントになっているのが感じられます。こんなところは、カステラの端っこみたいね。
http://r.tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13126244/

抱っこしたり、お写真を撮ったり、楽しい時間はあっという間に過ぎてゆく。
ベビーなりにお話したり、いいお顔を見せたりで、疲れてしまったみたいです。
そんなベビ子が寝てしまった途端、夫が「もう帰ろう」って。
あなた!単純過ぎよ!遊び相手がいなくなったからって、つまらなくなってしまうとは!?


            19日3.jpg
首都高に入る前の西新宿のビル群を前に。
三連の三角屋根が特徴の新宿パークタワー。中でも高層に位置するHパークハイアットはラグジュアリーなホテルとして有名です。
日帰りでもじゅうぶんだけど、たまにはこんなところにも泊まってみたい!! こそっと、憧れています。

楽しかった週末の二日間は、こうして終わりました。
thanks(83)  コメント(22) 
共通テーマ:旅行

小さなフレンチレストラン「epinau エピノウ」 [ドライブ・近県]

代々木八幡宮でお参りを済ませた後は、近所のフレンチレストランへ移動しました。
小さなフレンチレストラン「epinau エピノウ」さん。
             エピノウ1.jpg

間口はそれ程広くはないものの、奥行きがあるので中は想像以上に広いお店。
店内にはいくつも絵が飾られていてさりげなくオシャレ、雰囲気も素敵です。
カウンターに並んでいる赤い背表紙のものは、ミシュランガイドブックでした。

エピノウ2.jpg

ランチメニューは、魚orお肉の選べるプレートランチに、キッシュや、ガレットなど。
やはり田舎のレストランとは一味違う感じがします。

エピノウ3.jpg
まずは皆で乾杯!!
ドライバーである夫とママは飲めないから、ソフトリンクのジュースと、シードルで。
息子と私は、ワインです。
おかわり自由の自家製パン・フォカッチャは、普通のものより分厚くてボリューミィ。これに以前は自家製のリエットがついてきていたとの事。
焼きたてのフォカッチャが香ばしくて美味しい!私もリエットをぬって食べたかったなぁ。

息子のオーダー、キッシュランチは海老とアボカドのキッシュ。家では絶対に無理な凄いボリュームです。
少し分けてもらったけど美味しかったです。

エピノウ4.jpg
夫とお嫁ちゃんのチョイスは、お魚メニューのメカジキのグリル。
私は若鶏のコンフィを。それぞれどちらにも、仕事をされた彩りのよい温野菜が添えられています。
ソースも美味いから、ワインが進んでしまい・・・お代わりをしてしまいました。

食後のドリンクはコーヒー、この日のプチデザートはプリンです。
最後までどれも美味しく頂きました。この辺りの物価からしたら、こちらのお店のランチはCPもかなり良い方とか。。。
http://r.tabelog.com/tokyo/A1318/A131810/13103179/

先の代々木八幡宮から、すでにお気づきの方もいらっしゃるかと思いますが・・・この日は、ベビ子の「お宮参り」の日なのでした。
神主さんの手で、おでこに魔除けの朱印をチョンチョンと書かれたベビ子。
私=おばあちゃんが抱っこをして、おじいちゃんとパパ&ママに囲まれ…泣き出すこともなくお祓いして頂くことが出来ました。
それはランチの間も同じ。ぐずらずにお利口さんでした。
無事に終わって、良かったです。


これはその時の写真ではないのですが・・・
先週末にパパ、ママと三人で、お写真を撮ってきたのですって。
                写真.jpg

thanks(81)  コメント(17) 
共通テーマ:グルメ・料理

代々木八幡宮です [ドライブ・近県]

今日は先週末ではなくて・・・その前の15日について書きます。その日は、都内の息子のところへ行って来たのです。
何時ものように、高速の東北道で都内まで行きます。
首都高に山手トンネルが開通してから、渋滞はなくなっているものの・・・
それでも都内に入るまで一度は、SAでおトイレ休憩をしておきます。このところ利用する事が多いのは、東北道を出てから首都高へ入る途中にある川口PAです。

15niti 1.jpg
冬だからすっかり葉が落ちて寂しくなってしまっている、欅の木々。PAの周囲は欅が植えられているから、初夏から秋にかけての季節はとても気持ちが良いものです。

首都高の地下に潜った後、地上に出てから目指したのは・・・・
              15niti 2.jpg

小田急線「代々木八幡駅」そばの、代々木八幡宮です。http://www.yoyogihachimangu.or.jp/

今回も車で行ってしまったけど、本来であればこんな階段を上がってたどり着く・・・・
この場所は都会の真ん中にありながら、小さな小高い丘になっているのでした。
15niti 4.jpg

木々が茂る境内の真ん中には、縄文時代の堅穴式住居が復元されています(写真は撮らなかったですけど・・・)。

15niti 5.jpg

予定していた時刻よりずっと早く、到着をしてしまいました。しかしラッキーな事に、境内の参道では「渋谷てづくり市 青空個展」が開催されています。

             15niti 6.jpg
多くの人で賑わう代々木八幡宮境内ではこんなトルコ料理のお店までオープンをしていて、ケバブを食べているお客さんの姿も見かけました。

15niti 8.jpg
小さなお店が沢山並んでいます。その数、100店以上とか。
そしてそれぞれに工夫が凝らされた、可愛い手作り品が沢山並んでいるのです。

15niti 7.jpg
手作りの手芸作品、アクセサリー、マフラーや帽子、食べもの関係もケーキやキッシュ、パン、コーヒーまで。
どれもが小学校で使うような小さい机が一個とか、そんな規模のお店ばかり。

だから「いらっしゃいませ~」じゃなくて「こんにちは~」ってフレンドリーな感じ。お買い物をしながら作家さん達と直接コミュニケーションを取れるのも、魅力のひとつなのです。
しかしそれにしても、並べられている小物のどれもがスゴク可愛い。

家の方でもこんな手作り小物を並べたショップや市はあるものの・・・それでも一度に、こんなに多くのお店が並ぶ。これほど大規模な手作り市は考えられないものです。
夫と一緒でなかったら、どれも欲しい。一人だけで歩き回れたら、どれでも皆欲しいから暴れ買いしたい気分!
でもこれ以上、物を増やしたくもないし…同じようなものもすでに持っている事ですし・・・お買い物って、難しいわね。

15niti 9.jpg
一個くらいならいいかな。
と・・・買ってきたものが、こちら。
皮のロープで出来たペンダントは…ナチュラルな白のレース、ブロンズっぽい素材のバラのトップ、それにミニミニ手鏡も付いています。
この季節だけに、ニットやチェニックの上につけて楽しんでいます。

代々木八幡駅からすぐ、代々木公園もすぐお隣。便利なところです。
これが別の季節なら、緑がいっぱいでもっと気持ちが良い事でしょう!
機会があったら、また行ってみたいな!!

お買い物をしに来た訳ではないし・・・代々木八幡宮に来たのですから、お参りをします。
            15niti 3.jpg

私達が参拝した後は急に人が増えて、あっと言う間に行列が出来ていました。
すぐ真横には首都高、それに伴う道路工事の真っ最中ながら・・・都会の喧騒とは対照的な静けさに満ちた、安らぎを与えてくれる空間が広がっているところです。

この後、この近くでランチをしたのですけど・・・
勿論この日のメインは、ランチでもなく、お買い物でもない。
その事については、また次回にでも。。。

thanks(77)  コメント(22) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

日曜日は、都内へ [ドライブ・近県]

週末の土曜。実家へ泊ったのは、ある訳があったのです。

翌朝一番に向かった先は、こんなところ。三毳山(みかもやま)の麓にある「道の駅 三毳」。
http://www.tochigiji.or.jp/6186.html
東北自動車道の佐野インターからほど近い、国道50号線沿いにある道の駅です。
ここでもこの季節ならではの、収穫祭の真っ最中。敷地内ではテントが立てられお餅つきの用意がされていたり、大鍋で芋煮が作られ売られていたり。。。
また三毳山は4月初旬頃、カタクリの群生地となるので有名なところです。花の咲く時期には、ツアーバスが次々とやってきます。
栃木の最南端にあって、万葉集にも詠われた山でもあるのです。

会いに1.jpg
でも私達の目的は、農産物直売所に並ぶ地元の新鮮な農産物。
買ったお野菜を持って、都内某所の息子の家へと向かうため。

先月生まれたばかりの姫に会いたくて仕方のない夫、、もう我慢ができないのだそうです。でも勿論一人では行く勇気がなくて、母も一緒に誘って・・・それで会いに行ってきたのでした。
お買い物が大変だから、お土産とは別にお野菜も買っていくことにしたのです。
よくわからないから、取りあえずは目につくものはみんな。
ここは品ぞろえが豊富な上、全体的に安いです。自宅用にも、冬用の寄せ植えの鉢を買ってしまいました。

佐野からでしたら休みながらでも…1時間半ほど。意外と近いです。
好天の空の下、スッとしたスカイツリーがとても綺麗でした。勿論、写真など撮れませんでしたけど。。。

念願かなってのご対面!!
小さなその姿をメロメロになった夫がニヤケ顔で見ている様子は、微笑ましいもの。爺、ご満悦!?なんてね!

ただ都心だけに、駐車料金の高さも問題。
このところは、ただ行くだけ。行ってすぐ帰ってくるだけと・・・・忙しいことこの上ない。今はまだ仕方のない事なのですけれど。。。

会いに2.jpg
帰り道の西新宿。
西口にそびえる特徴ある三角屋根が連なる特徴あるHパークハイアットの建物、あっという間にビルの谷間に隠れてしまいました。
こんな都会の真ん中に住んでいる、息子夫婦とベビちゃん。

時には自然がいっぱいある、栃木の田舎でもってノビノビと遊ばせてやりたい。
田舎なんか嫌いなどと言わずに、こちらへも喜んで遊びに来てくれたら・・・嬉しいものと思っています。

thanks(68) 
共通テーマ:日記・雑感

東京スカイツリーに、パサール羽生 [ドライブ・近県]

帰路の車内でした。
「あ!あれって!見て~~!」[目]「スカイツリーだ!!」
葛飾の小岩を過ぎた辺り、荒川の向こうにみえたのは[目]おニューの東京タワー・東京スカイツリーです。
まだ建設中ながら・・・大分、出来上がってきていますね。
   
      3528500
「でも、どうして今まで気がつかなかったんだろう」「去年の12月にだって、この辺り二往復もしたのに・・・」
確かにです。
今回はいつもと通る首都高が違っていたから、それで見えたのでしょうか。

いつもは上りの場合、私は小菅付近では巨大な小菅刑務所のあの独特なグレーの建物を探してしまうのです。
以前は車窓から良く見えたものでしたけど、ここ最近はすっかりその姿を目にしておりません。なくなってしまったのかしら。
またそこを過ぎると、浅草や、両国です。それで、今までは目に入らなかったのかも[あせあせ(飛び散る汗)]

夕暮れが少し迫って空の色が変化していく中に建つ大きなタワー。
デザイン的にはもう少し何とかならなかったものか?って思ってしまいますけれど。。。完成は来年の12月です。
地元・墨田区の皆さんは楽しみにされていることでしょう[グッド(上向き矢印)]


話は全く変わりますが・・・・東北自動車道下りの羽生PAが、女性向けの新型サービスエリア「PASAR-パサール-羽生」に生まれ変わったって、知っていました?
それって、もうすでに昨年の11月だったのですね。
私は先日、偶然にも見ていたテレビ番組の中で知りました。
V6の岡田君、三宅君と、ハリセンボン、はるな愛ちゃん達が、このフードコートで美味しそうにランチを食べていたのです。
行きの時から、そのことが気になっていた私は「おトイレ休憩は、羽生でお願い」と言っておきました。
ところが上りの羽生PAは特に変わった様子のない従来通りのもの。
「あれ、へんだなぁ~~!」って、目の前を見上げてみたら・・・反対側の下り方面には、真新しいスタイリッシュな建物[ぴかぴか(新しい)]がドーンとありました。

そこで、帰宅途中にも寄ってみた訳なのです。
3528503
パサール羽生の魅力は、ターゲットが女性であるということから綺麗でオシャレなことです[るんるん]
建物内へ入ると、まずは東京土産がいっぱ~い。東京ばな奈も、ゴマたまごも、横浜土産の有明ハーバーまであります。
また、焼きたてのをグラム単位で買えるミニクロワッサンの「DONQ」は高速初出店だそうです。
今までもついその甘い香りにひかれて並んで買っていた焼きたてフワフワのミニクロワッサン。
ドンクのは一口サイズで食べやすい、そして美味しいのです[グッド(上向き矢印)]
モロゾフスイーツショップ、デパ地下でお馴染みの「おこわ米八」さんなど、有名店も入っております。

それからフードコート内もキョロキョロしてしまいました。
羽生製麺処、胡麻唐屋など、美味しい食べ物がたくさん、埼玉B級グルメのお店もあったりして。
3528504
奥の方には「スターバックス コーヒー」下町洋食老舗レストランとの「須田町食堂」もありました。
そんな中で、一際私の目を惹いたのが「ずんだ茶寮cage」です。どうしてこんなところにって思いますよね。
昨年の仙台旅行では、牛タンを食べる予定もあったのです。
しかしこのお腹、胃袋は一個だけしかないから・・・・食べ損ねてしまった牛タンがどうしても食べたいなぁって、思ってしまいます。
その時には、ずんだ餅も食べるって決めていたものでした。でもそれも叶わずに・・・去年12月も遠刈田温泉まで足を伸ばしながら・・・遠刈田も宮城ですものね~

帰りの車中、「夕飯はこのまま帰って、家の近くで食べよう」「何にするか。考えておいて」と言われたから・・・
「鹿沼ICで下りて、美味しいと評判のトンカツ屋さん○○へ行きたい」って、決めていたのです。
ところがここで私は見てしまいました、「佐世保バーガー」の看板を。
本場の佐世保バーガーは食べたことありません。それにここのハンバーガーは佐世保バーガーとは似ても似つかないものかもしれない。
でも、やっぱり食べておかないで後悔するのはイヤ!って訳で、私は簡単に佐世保バーガーに変更してしまいます。
だって前に、函館に行った時にも函館の「ラッキーピエロ」のハンバーガーを食べ損ねて、それがずっと後悔の元になっている・・・ってオイオイ、どれだけ食べる気?

佐世保バーガーとは、長崎県佐世保市名物の手作りハンバーガーのこと。
元々あった日本海軍の基地施設を活用するため、戦後佐世保にもアメリカ海軍が進駐しました。
米軍相手の飲食店も多く、そういった時代背景からハンバーガーが出されるようになったと推測されるとのことです。
神奈川県の横須賀も戦後からアメリカ海軍横須賀基地の街としてにぎわっており、同じように名物ハンバーガーがあります。
オーダーを受けてから作っている佐世保バーガーは、大きなゴマ付きバンズにビーフパテ、レタス、オニオン、ピクルス、タマゴ、厚切りベーコンの組み合わせ。ホット・コーヒーも、お願いね[グッド(上向き矢印)]
かなりなボリュームでした。
3528501

すっかりトンカツモードになってしまっていた夫は、「どんぶり道場」でソースカツ丼&お蕎麦のセットです。
ハンバーガーを食べている最中に思い出したのは、ここのカレー屋さんのソフトシェルカレー(カニ丸ごとのカレー)がとても美味しそうだった事[ひらめき]
そう言えば、周りのテーブルではカレーを食べている人がいっぱいです。
ああ~~、やっぱり私ってお馬鹿さん[バッド(下向き矢印)]
でも、でも、次があるもの。
次は絶対にカレー、それもソフトシェルカレーを食べるわよ!
新橋清月堂カリカルのカレー。「カリカル」さんが新橋を飛び出しての出店は、こちらが初めてだそうです。

それからデザートは勿論、ずんだ茶寮のずんだ白玉パフェ。
ずんだ(枝豆をすりつぶしてから、お砂糖で甘く味付けをした餡子のこと)に、白玉が二個、下にはジャージー・ソフトクリームとシリアルです。
         3528502           
ずんだとソフトクリームのコラボは美味しい、かなり合いますわよぉ[るんるん]

こちらは広くて綺麗で、色々と楽しめて・・・
ドライブの途中、一休みするのには・・・・かなりお勧めの施設。
また、寄ろうぉっと[グッド(上向き矢印)]

thanks(11)  コメント(21) 
共通テーマ:地域

日曜日は幕張へ・・・その2 [ドライブ・近県]

今年も12日・13日・14日と、幕張メッセで開催された「キャンピング&RVショー」
昨年車を止めた駐車場内は、私達のような一般の車に混じってすでにキャンパー生活をしているキャンピングカーだけでも数百台は停まっていましたけど。
今年は変なところから入ってしまったから[がく~(落胆した顔)]試乗会場付近で見かけたものだけ、ほんの数台だけでした。
↓は、そんな一台です。
      3528237
「これ、大きいね~~! こんなのお家を壊さないと置けないよ。」「それにこんなの買ったら○○さん家、どうかしちゃったの?」って言われちゃうわ[あせあせ(飛び散る汗)]
去年お話を伺った京都の「マックレー」さんから、今回は招待状が送られてきました。

入場口から眺めた会場内です。約120社ものメーカーやディラーからの日本最大級の展示内容だけあって、ずらりと並ぶキャンピングカーの数には圧倒されます。大きな車達が並ぶ様子は、壮観そのものですね[グッド(上向き矢印)]
3528238

今回の三日間の総合入場者数は6万人を超えたそうです。それでも昨年の11万人に比べたら半減した模様です。
キャンピングカーは路上や様々な場所、道の駅でも見かける機会の多いものですけれど・・・こんなにも人気があるものかと、初めて訪れた昨年は思いましたもの。
     3528239
会場内は国内外のキャンピングカービルダーさんの個性的で素晴らしいお車が、これでもかというくらいに並んでいます。
端から見始めると、いくら時間があっても足りなそうです・・・・
3528240
来場者はそれぞれのブースを回って、実際に車内に乗り込み、内装や乗り心地を確かめています。
車のことは解りませんので、私が見るのは主に内装です。
3528241
リビングシート、キッチンやシャワールームの位置は違うものの、車の中とは思えないくらいにどれも素敵です[ぴかぴか(新しい)]
ホントこのまま住み着いてしまいたいくらいです[るんるん]
私達も同じようにして・・・係員の方の説明を聞いたり、パンフレットをもらったり。

3528242
こんな変り種もありました。使う人それぞれに、色んな楽しみ方が出来そうですね。
転倒の危険があるからひとりではお風呂に入れない私。車内におトイレと、出来ればシャワーも欲しいのです。
人が多いのはもう経験済みで驚くことはありませんが、こちらは、ワンコ率も相当高いです。
それも一匹と言わず、多い方はわんこカーに4~5匹も乗せてるの[わーい(嬉しい顔)]
3528243
ワンちゃん達も入場料はかかるのです。ペットの入場は一匹につき100円、収益金は日本盲導犬協会に寄付というものです。
他にアウトドア用品・用具を扱う各社、日本盲導犬協会、国内のキャンプ場の紹介コーナーなども。
今年は、自衛隊の支援活動が紹介される自衛隊さんコーナーが賑わいを見せていました。
会場内は、大人から子供まで楽しめるイベントでいっぱいでした。

夫に帰りに、「どれが一番良かった?欲しい車があった?」って聞いたら、「もうどれも良い、どれでも良いから欲しいなぁ」ですって。
私は自分の身体の状態がこれ以上悪くならない事が、最も大切なことだと思っています。
何よりも避けなければならないのは病気の再発、それに怪我や転倒による骨折もです。
次は、ところによっては2~3週間にも及ぶキャンパー生活でも疲れない為の体力をつけること。
それに、もう一方の夫が健康でいられることも大事なことですね。

我が家は、夫の定年まですでに四年をきっています。だから、リタイアした後の生活が始まるのも間もなくの事。
資金面だけを考えても・・・老後の生活資金に、車を購入する為やそれを維持していく為の資金調達だって必要です。
以上のどれをとっても、まだまだこれからかな。
だから今は、色々な意味で頑張らなくてはなりませんね[グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]

thanks(6)  コメント(12) 
共通テーマ:地域

日曜日は、幕張へ [ドライブ・近県]

今朝、起きてみたら・・・外は真っ白な雪景色でした。
どうりで寒かったはずです。雪の日は、これで何度目になるのかしら[がく~(落胆した顔)]
二月とは言えこんなに雪が降るのは珍しいことです。すぐに溶けてしまうから、それでもまだ助かりますけれど。。。
週末の日曜日も同じでしたね。前夜からの雪で、家の周り中が雪で真っ白々でした。
そんな中を・・・私達が出かけて行った先は千葉の幕張です。

朝起きてリビングへ行くと、夫がニヤニヤしながら「今日、行きたいところがあるんだけど・・・どうする?一緒に行く?」って。
「幕張の展示会へ、今年も行ってみようと思っているんだ」
そんな~~[ふらふら]
毎日が退屈で仕方のない私。それになんでも見たい、なんでも知りたい私ですもの、行くに決まっているではありませんか。

と、いう訳で・・・
雪景色の中を出発です。と言っても全てに時間のかかる私のこと、家を出たのは10時を過ぎてしまいましたけどね。
3527361
雪の東北道も埼玉へ入る頃には、雪の白さもなくなって、空も明るくなってきています。
都内へ入り、葛西臨海公園の大観覧車が見えてくればもう間もなく千葉県。
以前海外へ行っていた頃は葛西や浦安のTDR付近に来てから、化粧ポーチを出してお化粧をし始めたのでしたっけ。
そう、家から空港行きのリムジンへ乗り込むときはノーメーク。千葉に入る頃にゆっくりと始めると、成田到着時には何時もの顔が完成と言うわけ[グッド(上向き矢印)]ナイスなアイディアでしょ[手(チョキ)]

東京都と成田空港との中間に位置するのが、幕張です。
3527360
その幕張新都心の歴史は、戦後すぐの埋め立てから始まったと言います。
東京湾に残された臨海部の埋め立てから、現在ある企業の研究施設、タウンセンター、住宅、海浜公園などのこの街が出来上がったのですね。
JR海浜幕張駅を中心として広がるのが、幕張メッセとショップやホテル。

幕張メッセに通じる緑の散歩道「メッセモ-ル」の地下には、県営の駐車場があります。
去年、車を止めた駐車場も展示場からは遠くて、かなりの距離を歩きました。
      3527362
夫が「今回は、地下駐車場の方が良いだろう」って。
ところが、今回の場所も遠い、とんでもなく遠かった[どんっ(衝撃)]
これだけの距離を歩いたら、ホント良いリハビリになります[たらーっ(汗)]

今までお付き合いいただいていた方は、もうお解かりですね
幕張メッセの会場で国内最大級のキャンピングカーショー「キャンピング&RVショー 2010」が開催されていたのです。
3527363
こちらは、昨年遊びに行った時の日記です→
この日も、会場内は展示車がいっぱい。それを見に来た人もいっぱいでした。
上の画像は・・・会場入り口のロビー付近のもの。会場内は飲食禁止なので、こちらで皆さん飲み物やお弁当、スナックなどを食べているのです。
ショーの様子について、詳しくはまた次回に[soon]

thanks(7)  コメント(12) 
共通テーマ:地域
前の30件 | - ドライブ・近県 ブログトップ