SSブログ
前の3件 | -

二月ぶりの小旅行・・・⑤「うぐいす谷温泉竹の葉」食事 [2021・11月茨城県あんこう鍋の宿]

温泉は源泉かけ流しがベストに違いないが、宿を選ぶ際に優先するのは食事です。
湯は源泉掛け流しに越した事ないし、小綺麗でオシャレな部屋に泊まりたいのが勿論だけれど。
しかし既製品ばかり並ぶ食事や、またそこそこ美味しくてもビュッフェスタイルでの提供は嫌いです。少なくても私の作った味を越えてない料理を提供する宿はガッカリ以外にありません。我が手料理など決して威張れたものではありません[バッド(下向き矢印)] 言葉にするまでないのは当然!

・・・と言う事で、本題。竹の葉さんの夕食について。
決めた時刻の10分前になると、食事の時のドリンクについて連絡が入ります。
時間キッカリに仲居さんが配膳をしに部屋に来ました。
目の前でテーブル上に手早くセットをし、あんこう鍋にも火を入れて、「また頃合いを見て、温かいお魚、ご飯をお持ちしますね」と。ほぼ一気出し。
食事1.jpg
説明はないが、お品書きはあります。
        食事2.jpg
通常はもう少し丁寧に、数品ずつ提供しているのだと思います。複数品の配膳でしたが、温かい物と冷たい物は各々適温でしたから、そうした面でも特に気になりません。

この日のメニューは、一般の料理にあんこう鍋を加えた「あんこう鍋を囲んで」コース。
先附:胡麻豆腐  こちらの胡麻豆腐は、黒胡麻なのですね。
前菜:秋鮭本書巻・柿玉子・鳴門穴子・丸十チーズ寄せ・海老のキャビア射込み・鰆の利久焼・松傘くわい・栗もありましたよ(^_^)  一品一品に丁寧な仕事ぶりが伺えて、秋の彩りがトレーに溢れます[るんるん]
食事3.jpg
中皿:身巻サーモン・牡蠣・帆立オイル漬け・彩野菜青海苔ソース添え
向付:旬魚のお造りは鯛・ホウボウ・鰆・ブリ・本マグロにあしらい一式  どれもぶ厚くて、シッカリ新鮮でプリプリの食感でした。
一見少なく見えるものの、意外にもボリューミィな一皿ずつ。
アルコールは瓶ビール、大瓶700円はとても良心的♪ そこに地元の日本酒「大観」のオーダーで。
そしてメインとなる、あんこう鍋[exclamation]  ここまでで結構お腹にきていると言うのに、この鍋いっぱいのあんこう、たっぷり野菜が食べきれるだろうか。
食事4.jpg食事5.jpg
常磐沖で獲れる“キアンコウ”を使用したあんこう鍋は宿自慢の一品だそう。上質なあん肝と地元の味噌で仕立てたスープは絶品でした。
たっぷり!過ぎる鍋、あんこうは肝も身も格別でした。だからと言ってあんこうだけに頼る食事ではなく、それ以外の料理も丁寧で美味しくて気に入りました。

上品な味付けのキンキの煮付け。キンメではなくて、キンキ・・・旬も同じ冬ながら、値段で言うとキンキはキンメの倍以上とか!ともかく高級魚なのですね。
食事6.jpg
身がフワッと柔らかでいて、脂がのっている、それも出来立ての上、味付けも良いからとにかく美味しく食べてしまいました。
頑張ってあんこうをひと鍋食べつくした後なので、お澄ましは味見程度・・・。あん肝タップリの鍋は当然、卵でとじたお雑炊もするすると完食しました。もう何も入りませんとも!
食事7.jpg
〆のデザートははじめからラップをして冷蔵庫へ。抹茶のケーキは業務用製品と思い口にしたら、抹茶の粒々が残る手作りっぽいわらび餅でした♪
手付かずのご飯一膳がもったいないので、考えた末「ラップをいただけませんか」と言ってみたら、仲居のS子さん「では梅干しを入れて、おにぎりを作ってきますね」と。

テーブルの片付けと、新しいお茶のセットの後。
お布団敷の時に、「明日私はお見送りが出来なくて、大変申し訳ありません」と丁寧な挨拶をしていかれた。
聞けば、お隣の日立から車で通勤されているとか。
丁寧な接客姿勢には、とっても好感がもてました。
旅館の仲居さんも本当に人それぞれです。手慣れた感じで客と相対する方、時には笑うしかない程失礼な人(佐渡で泊まった温泉ホテルでの案内係)、昨秋の白馬で泊まったホテルオーナーみたいに気どって失礼な接客をする場合がある一方。。
こちらのふった会話に懸命に合わせようと一生懸命な様子ながら(こんな事言ったら悪いけけど、あまり出歩いていないのかな?)茨城県内の話でも会話が盛り上がらない。しかしそれは仕方のない事。素朴で率直な接客姿勢に悪い印象は全くありません。
次回が、朝食となります。
thanks(56)  コメント(6) 
共通テーマ:旅行

二月ぶりの小旅行・・・④「うぐいすだに温泉竹の葉」部屋&温泉 [2021・11月茨城県あんこう鍋の宿]

国道を磯原まで戻り、大きくカーブした道を西へと進んで山間まではいかないけれど、海から離れた場所に建つ「うぐいすだに温泉 竹の葉」。この日の宿です。
温泉街に溶け込んだ佇まいの宿も良いものだが、一本道の先にあるのはここだけという風情も得がたく良い。
竹の葉1.jpg
広くとった駐車場に車を置いていたら、玄関に待機をしていたのか?仲居さんがふたり走って来て、早々に荷物を運んで下さった。
ん、まずは好印象!
竹の葉2.jpg
竹林と渓流に囲まれて、建物脇を流れる川は「二ツ島川」と言うらしい。
客室数はわずか10室、谷あいの小さな宿です。特に山奥というわけでもないけれど、四季折々の変化を見せる自然以外、特に目立つものはありません。
竹の葉3.jpg
館内に入ると広めのロビー、お土産物コーナーに、左手はフロントとなり。反対側にはコーヒー、紅茶が飲めるラウンジがありました。
竹の葉4.jpg
良くも、悪く、昔ながらの日本旅館と感じました。
竹の葉5.jpg
階段を少し上がって、廊下から目の前の中庭には鯉の泳ぐ池あり。
        竹の葉6.jpg
予約したのは本館一階のスタンダードタイプ、最も手前にある「山茶花」の部屋へと案内されました。
竹の葉7.jpg
室内もクロスが張り替えられるなどキチンと手が入れられて清潔、ごく普通の温泉宿の10畳間です。
しかし全体的に殺風景であり、詫びた感は否めませんし、凝った装飾も一切なく、どう撮っても見た通りの部屋でした[あせあせ(飛び散る汗)]
それでもチェックイン中に急いで用意されたと思える籐椅子の心遣いと、懐かしい雰囲気を漂わせる仲居さんの接客と、どこかホワッとなるぬくもりがありました。何もない一軒宿らしい静けさから、お布団を敷いてゴロゴロしたくなってしまいます。
竹の葉9.jpg
踏み込みの先に洗面所、基本のアメニティにハンドタオル二枚。その奥はシャワートイレ。
敷地、建物が大きな割には少ない部屋数の上、外は何もない里山の自然が広がっているから、日常から離れてのんびりするにはピッタリコン♪
竹の葉8.jpg
栗の渋皮煮が丸々入ったゼリーがお着き菓子で、宿のオリジナルとか。インスタントながらコーヒーのセットも。
丁子染タオル&バスタオル、羽織に浴衣はクローゼット内に用意されて・・・。空の冷蔵庫に、天然水入りポットが冷やされてます。
室内に生花の一輪、二輪飾ってあったらもっと良かった。ここまで殺風景なのはチョッといただけない。この部屋でもそこそこのお値段なのだから、そのくらいの配慮は欲しかったかな。
見ないからかまわないけれど、テレビも小さかったです。無料Wi-Fiは可能。
        竹の葉10.jpg
浴室には先に続く新館の廊下を通っていきます。宿泊料を抑えて本館宿泊としたものの、廊下ひとつにも高級感が出ていて違いますね。

お風呂は男女別の大浴場が二ヶ所、その隣りに「貸切家族風呂」。
        竹の葉11.jpg
浴室、浴槽共に決して大きくない。・・・と言うか、家庭用の浴室を少し大きくした程度であったが・・・。浴場にはシャンプー、リンス、ボディソープ。脱衣所はドライヤー、各種の化粧水等備っていました。
竹の葉12.jpg
お湯は無色透明、それでも湯口に析出物が付いていた。
大浴場を覗いた時は数人の方が入浴していて写真はバツ! 宿のサイトからお借りしました。
竹の葉13.jpg
             竹の葉14.jpg
男女別大浴場は入れ替わります、どちらも露天付きながら、「温泉らしさをあまり感じなかったのは同じ」と言うのは、早朝浸かってきた夫の弁。
※源泉名;うぐいす谷温泉 源泉温度が定温の為、加温をしています。
浴場の利用時間(午後3時~午後11時、午前5時半~午前9時半)

夕食は部屋食です。続きますね。
thanks(61)  コメント(13) 
共通テーマ:旅行

二月ぶりの小旅行・・・③五浦と言えば・・・ [2021・11月茨城県あんこう鍋の宿]

2時ではチェックインするには早すぎます。どこかで時間を潰さなくちゃと思っても、その時間でも寒くなってきました。
以前に行った事のある、それ程離れていない、北茨城市にある五浦(いづら)海岸へ。
5つの入江が連なり、断崖絶壁の続くこの地←五つの浦(磯)を称して五浦。
五浦海岸独特の美しい景観ははじめからあったわけでなく、太平洋の荒波と波の力で岩石が少しずつ少しずつ削られてきた…特徴的な地質によって生まれたもの。
      五浦1.jpg
松林の続く石畳の道を進むと、険しい岩に白波が砕け散る、絶景を臨む先端スポットへ[ぴかぴか(新しい)]
五浦2.jpg
北茨城第一の名所である「六角堂」。「六角堂」のある「茨城大学五浦美術文化研究所」へは、@400円なりを支払い杉皮葺きの「長屋門」から入場します。
五浦5.jpg
目の前は太平洋。再建なった六角堂。「六角堂」までの道々の脇には、白い浜菊、黄色のツワブキが色を添えます。
険しい岩と崖、そこに打ちつける太平洋の荒波。目の前に広がる厳しくも美しい自然を前にして、岡倉天心は日々なにを思い、どのような考えを巡らせていたのでしょう。

六角形の赤いお堂「六角堂」は、岸壁すれすれに建っています。この先の足元が危険すぎてこの日の私はここまで、六角堂まではたどりつけませんでしたが・・・それでも以前見た時、建物内部は畳を組み合わせて六角形となっていたはず、それが板張りなのです[exclamation&question] 作れる畳職人さんがいなくなってしまったせいで?
現在の「六角堂」は、2012年に再建されたばかりの新しい建物です。2011年3月の東日本大震災の津波により、元あった建物が流失。

五浦4.jpg
明治から大正にかけて、国際的視野にたち伝統美術の再興に尽力、、東京美術学校(現・東京藝術大学)を創設、日本近代美術の父と称された岡倉天心(1863~1913)。
伝統を受け継ぎ、自然と一体となった生活の中でこそ生まれる芸術があると、ここ五浦の景観を気にいり居を構えると、東京美術学校で教えていた横山大観、菱田春草、下村観山、木村武山の画家たちを呼び寄せ指導しました。

五浦3.jpg
2011年(平成23年)3月11日に発生した東日本大震災に伴う約10メートルの津波の直撃を受け、六角堂は土台のみ残して姿を消した。津波で流され基礎部分しかなくなり、岡倉天心が住んだ「天心邸」や庭園までも浸水、全てが閉鎖されていた。

磯原海岸に建つ宿「としまや月浜の湯」も一階部分は浸水、休業状態から現在は営業を再開。海に漂う気分がウリであった「ホテル山海館」さんに至っては廃業されたのでした。
震災の際の津波の被害と言うと、宮城、福島、岩手ばかりになりがち、しかしこの辺りの被害の大きさも考えざるをえません。
「六角堂」は茨城大学を中心に修復作業が進められ、創建当時の姿に再建されました。

「六角堂」に先に見える、崖の上の「五浦観光ホテル 別館 大観荘」へはまだ元気でいた頃に母と3人で訪れていたのでした。館内にかつての横山大観旧別荘を移築、特別室として利用。筆や絵皿といった愛用品の展示がされているとのことです。
        五浦6.jpg
静かな五浦岬公園近くにある灯台「大津岬灯台」。元の灯台は東日本大震災で被災、建て替えられたものだそう。

ここ「大津漁港」近くの店で以前、あんこうの肝だけ使用する「どぶ汁」を食べたのだけど、それはまた別の時だったのかもしれません。
五浦7.jpg
同じく観光スポットである「二ツ島」は、二ツ島観光ホテルの影となってチラリとしか見えませんでした。
そろそろ宿へと向かいましょうか。
続きますね。
thanks(68)  コメント(12) 
共通テーマ:旅行
前の3件 | -