So-net無料ブログ作成

深緑の東北紀行・・・⑨三厩鮪を食べる [2014・6月宮城・岩手・青森]

終点の三厩(みんまや)に到着。
この場所には、駅舎がポツンと一軒建つだけ。他には何にもないのである。津軽半島の先端近く、最北の駅に相応しく…ホント寂しげな駅でした。
駅前からは100円の町営バスが龍飛岬まで行っていて、一緒に乗っていた人のほとんどは龍飛岬まで行ってしまうのだった。

青森でマグロと言ったら、誰もが知る・・・ブランドマグロである、大間の鮪です。
しかし昨年訪れた大間で、納得のいくマグロに出会えなかった私。
今回のお昼は青森県東津軽郡外が浜町、三厩にただ一軒あるお寿司屋さん「秀鮨」さんに予約済みなのだ。
              三厩鮪1.jpg
ご夫婦二人で営業をしているお店です。列車の到着時刻に合わせて迎えに来てもらいました。

三厩鮪3.jpg
カウンターに案内されて・・・
ここは当然、「みんまや鮪づくし寿司セット」を注文!
と言っても、一人前だけ[あせあせ(飛び散る汗)]ホテルで朝食をガッツリ食べてしまった上、時刻はまだ11時過ぎですもの。

それでもせっかくなので「生ビール」をオーダーしました。飲みながら頂きたい。
三厩鮪2.jpg  三厩鮪4.jpg
突き出しはキュウリの浅漬けに、モズク酢。

・・・とそこに、一人の男性客が入店して来ました。
気づかなかったのだけれど、リゾートあすなろの前方展望席に座って津軽半島の景色を満喫していた方とか。
その姿から「鉄っちゃんなのかな」って夫は思ったそうながら、聞けばご本人JRにお勤めされているとか。
駅からは気ままに一人、歩いて来たみたいです。
その後は店主と私達、JRお兄様との4人でお寿司を食べながら・・・・お喋りをしながら・・・あっと言う間の2時間なのでした。

三厩鮪5.jpg
握りが次々と・・・寿司ゲタの上にのせられていきます。
本鮪ならではのこのツヤ、美しい[グッド(上向き矢印)]そして美味しそうなのも、当然[グッド(上向き矢印)]
見た目の美しさは勿論ながら・・・口にしたら、もうとろけていきます[グッド(上向き矢印)]
・・・の割りにはしつこさは感じられず。。これなら、いくらでも食べられてしまうかも。

6月は山菜も最盛期だそうで、この土地は山の幸も豊富なんですね。採れたての食材を、それを育んだ土地で食す。それこそ最高の贅沢に思えます。
海と、山と、豊かな食生活がおくれるって羨ましい。
三厩鮪6.jpg
アザミのお浸しに、山菜のミズ。ミズは玉ねぎと、なんだっけ?わすれてしまったけど炒め煮の味付けも良いものでした。
もしかして食べられるかと期待した、ネマガリダケが採れるのはまだ少しだけ先とか。。

三厩鮪7.jpg
この為に遥々やって来た・・・これが噂の、「みんまや鮪づくし寿司」ですぞ!
三厩鮪は大間鮪と同じ津軽海峡産、そして全てが1本釣りの鮪だとか。
ここでは地元の三厩鮪が格安に提供されるだけでなく・・・・店主の説明が付きます。

三厩鮪9.jpg
生ワカメとシジミがタップリ入ったお味噌汁。シジミは「十三湖産」かしら?
その隣り、心臓部分二種はニンニク醤油でいただきます。コリコリとした歯ごたえ。珍しい部位が食べられるのも一本買いだからこそ。

三厩鮪10.jpg      三厩鮪8.jpg
最後にマグロとキュウリの巻きものが三貫、すでに一貫食べてしまっていますが、私は食べていないので味の方もわからないまま。

築地市場で大間鮪が、1億5千万の値段で落札された!時には話題となったものでしたが・・・。
津軽海峡の漁場でかかった鮪の名前はどこの船が捕ろうが、漁協に水揚げされた瞬間から、その漁協の名前に。
水揚げされた港の名前が付くのだそうです。
大間港で水揚げすれば大間鮪、三厩港で水揚げすれば三厩鮪の名前になる。・・・事は、私でも理解できる気がしました。

急に思い出したのか大将、夫に「海鞘食べるかい?」。海のパイナップルと言われている海鞘、珍味のひとつながら、クセが強いから・・・夫は海鞘が食べられないのだ。
お隣のお兄さんには出してくれたのに、どうして私には聞いてくれないの?
「私にも、海鞘を食べさせて~~」と積極的にアピールしてしまいます。
三厩鮪11.jpg   三厩鮪12.jpg
「地元の漁師さんにもらった、天然ものだよ」と、鮮度バツグンの海鞘です。
小鉢いっぱいの大ぶりに切った海鞘は、身の色が鮮やかな黄色。
完璧なルックスは完熟パイナップルそのものです。
プリプリの食感、一切れで口じゅうに磯の香りが広がります。
以前、宮城の金華山近くで・・・食べたものより、濃厚で磯の香りも強かった。

二人でお腹いっぱい食べて、生」を飲んで、オマケに「海鞘」まで頂いてしまって・・・
お会計時のお値段を聞いて、あまりの安さにビックリ!
高級寿司店の代名詞とも言える、銀座の〇兵衛さんで提供されているものも三厩鮪なのですって。〇兵衛さんで頂いたら、諭吉さんウン枚のお寿司です。
スッカリ有名になってしまったブランド鮪の大間鮪と同じものが、格安価格で味わえるのも魅力ながら・・・

他にも地元のお店だけに、興味深い津軽半島の歴史も。
来年の大河ドラマのヒロインは、吉田松陰の妹です。
その吉田松陰が1852年に津軽海峡の警防状況の検分に訪れている。その道を青森県が「松陰道」として整備した。

今はまだ新幹線工事の関係者による来店が多いものの・・・外が浜町が観光に積極的ではない等・・・地元ならではのお話をいっぱい伺えたのも良かったです。
         
                     三厩鮪13.jpg
全てにおいて大サービスのお店でした。
次に行く時には、旬のキタムラサキウニも食べてみたいなぁ。
私達がいた間にも、ふた組のグループ客が来店してきて・・・このお店のお昼は予約だけながら、こうして開けておいたらお客様がやってくるのですね。
列車の発車時刻までにはまだ時間があったものの、あまりユックリとしていたら営業の邪魔です。
「そろそろ、帰ります」と言いますと・・・「もう帰るんかい、もっとユックリしていけばいい。竜飛号の発車時間に合わせておくっていくから大丈夫だ」って。
それでも、「大した客でもないのに、あまり長居をして商売の邪魔したら悪いから…」
「そんなに帰りたいんかい。なら、送って行くよ」と。。

三厩鮪14.jpg
駅までの途中、高台にある義経寺に立ち寄る・・・ミニ観光のサービスも。義経伝説が残る龍飛岬だけに、寺の名前にまでなっているのですね。
奥州・衣川の戦で死んだとされる源義経。
しかし生きて更に北へと向かい…蝦夷地に渡海する「義経北行伝説」。その際、出現したとされる「厩石」・・・旧三厩村の名前の由来になっていると言います。

三厩鮪15.jpg
ここまで上がったら、湾全体が一望出来。。
眼下には・・・素晴らしい光景が広がります。義経寺からは津軽海峡、対岸の下北、北海道も一望です。

三厩鮪16.jpg
大将、最後までありがとう[るんるん]
そして何よりも、ごちそうさまでした[グッド(上向き矢印)]
またきっと食べに行きますからね!
龍飛崎まで行けば「津軽海峡冬景色」の眺め。珍百景で有名な階段国道(国道339号線)もあるから、次回はそちらへも行ってみたいです。
thanks(94)  コメント(21)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

thanks 94

コメント 21

kick_drive

こんばんは。「何もないからこそそこには何かがある」という考え方をしているのですが三厩はその考え方が通用しないのかと思ってしまいましたが、やっぱり素敵な出会いがありましたね。お寿司はおいしそうだし、店の大将は暖かいし。あまり長く居ると名残惜しくなって帰りたくなくなってしまいそうです。
by kick_drive (2014-07-09 22:56) 

hana2014

kick_driveさんへ
こんばんは。
こちらにもありがとうございます。
私も若い頃は、何もないところなど面白くない。行っても仕方がない。・・・くらいに思っていましたけれど。。
本当はそうじゃない、って50を過ぎてわかってきた気がします。
ぶっきらぼうながら親切、お喋り好きな人懐っこい店主でした。
もはやスッカリ観光地となってしまっている・・・大間でのリベンジが果たせて良かったです。
by hana2014 (2014-07-09 23:12) 

hirochiki

「秀鮨」さんの大将のやさしい笑顔がとても素敵ですね。
私は、子どもの頃からまぐろが大好きです。
「みんまや鮪づくし寿司」の写真はたまりませんね。
これは、やっぱりビールを飲まずにはいられないでしょう。
ラストの二枚の写真も素晴らしいです。
朝から清清しい気持ちになれました。
by hirochiki (2014-07-10 05:44) 

ミーミー

お寿司屋さん まぐろ まぐろ いいなあ(^◇^)
 食べたい 食べたい

 大将と話をしながら食べるのって本当に楽しいね
 話題も地元の事をよく知ってて教えてもくれますね
 私も娘との淡路島に年間2回行きますがお寿司屋さんは外せないです  それからホヤ!!! 大好き 実家でどれだけ食べて育ったことか 思いだします 今も送ってくれることが有りますが
 他人様はクセがあるホヤ誰も食べない( ;∀;) 
 浜松でもデパートで売ってるの見かけますが 高いしここで買う気にもなれないです 東北で食べてこそ。
 
 色々見せて頂き有難う(^^)/ 嬉しかったです
by ミーミー (2014-07-10 07:13) 

まつき

「みんまや鮪づくし寿司」、むちゃんこ美味しそうですね~♪
これで一人前ですか(@_@;) ゴージャスです~。
大間はブランド化されちゃって、いい気になってるのかも^^;
同じ海で同じ一本釣り、大将の笑顔も素敵だし、断然三厩の方が
魅力的ですね~(*^^)v
高台からの景色も、とっても美しいですね~!
by まつき (2014-07-10 08:29) 

ゲンさんおかさん

hanaさまへ

鮪づくし寿司、本当にスゴイ!
これ、東京なら一貫ウン千円では?!
笑顔がチャーミングな
大将との会話も楽しそう。
旅先での人との出会いも忘れ難いものですね。

そういえば、ずーっと以前、
金沢の有名な市場にある寿司屋で、
こちらが若かったためか、
嫌な客あしらいをされたことが思い出されます。
(何十年経っても忘れないのは、
逆の意味で思い出になる?)
観光地化されてる場所の店は
そういう所が多いですね。
by ゲンさんおかさん (2014-07-10 09:34) 

サンダーソニア

お昼ごはんにはまだ間があるのに
お腹がすきます。
送ってくれてる、 その間に
ほかのお客さんはどうするんですか?
by サンダーソニア (2014-07-10 09:36) 

hatsune

巻物の海苔が外側に巻かれていないのが
日本っぽくないですね。外国人観光客も訪れるお店なのかしら?
アザミって食べられるんですね。初めて知りました。
by hatsune (2014-07-10 11:59) 

hana2014

hirochikiさんへ
棟方志功の版画みたいな・・・典型的な青森の人のお顔だって、思いながら話をしていました。
鮪の美味しさには、もう世界中の方が目覚めてしまっている模様。
行く前はホントは不安があったものの、でも行って良かったです♪

ミーミーさんへ
海鞘を初めて食べたのは、牡鹿半島の宿でした。
でも私も、スーパーの海鞘はチョッと冒険かな~~って思ってしまいますよ。
ここ数年は訪れている塩釜。有名な鮨〇さん、兄弟店のしら〇〇さんはどちらもお高い感じで。。特上をオーダーしないといけないムードが・・・我が家向きじゃない(笑)
市場近くの伸光さん、お安い海鮮丼の方が好きです。

まつきさんへ
大間は今や、接客も価格も、観光地そのもの。
思い出す度…どうしてあんなの食べたのか、嫌な気分になってしまうのです。
お店のおトイレ、私が入れないとわかったら・・・いいよ、家の方を使いなって。
それから、この町に別荘を買って引っ越して来たら良いですって。気に入られてしまったみたいですね~~

ゲンさんおかさん様へ
まつき嬢へのコメレスでも書きましたが。。嫌な思い出は引きずるもの。
それこそ、食い物の恨みは恐ろしい~~ですもの(笑)
金沢の市場は見て歩いたら、楽しいけど。
中にはその様なお店も、って、函館の市場が思い出されます。。
これだけ情報社会である今、駄目なお店は自然と淘汰されるものですね。

サンダーソニアさんへ
奥さんがお店で番をしているので、来客があったら大将の携帯まで連絡が入る模様です。

hatsune さんへ
あれ程の地の果て、日本人でさえ勇気が必要かと。。
修行したのが関東のお店だそうですので、きっとその店の習いなのでしょうね。
アザミは、私もお初でした。

by hana2014 (2014-07-10 13:58) 

まき

☆親切な店主さんとの会話がいいです♪
色々教わりながらだと美味しさも増すでしょうね~(^O^)/
「秀鮨さん」いつか近くに行くことがあれば絶対に行きますね!!!


by まき (2014-07-10 15:41) 

hana2014

まきさんへ
まきさんのところからは遠い、遠いですよ~~
海外へ行ってしまった方が早いかも!
真冬に行けば、シベリアとか、アラスカに行った気分になれるかもしれません。
本マグロの味は最高でした。
by hana2014 (2014-07-10 16:09) 

sumijuni

お祝いコメント ありがとうございます

秀鮨さんに 行きたい!
マグロはもちろん 美味しそうですが
海鞘も 魅力的です
by sumijuni (2014-07-10 18:15) 

ryuyokaonhachioj

ありがとうございます。
そうですね~もうそろそろ、お盆になりますね。

by ryuyokaonhachioj (2014-07-10 20:00) 

hana2014

sumijuniさんへ
いいえ、こちらこそ。
早速にお越し下さり・・・ありがとうございます。
そうなのです。これ程新鮮で、アルコールに合うツマミはないですね。

ryuyokaonhachiojさんへ
そのような・・・
その前に、この夏を満喫いたしましょう~♪



by hana2014 (2014-07-10 22:11) 

ameya

ああ、こんなマグロ見たことないです。
ほんと、おいしそう!!( ̄¬ ̄) ジュル…
by ameya (2014-07-11 07:21) 

Aちゃん

美味しそうなマグロだな~食べた~い。
海鞘は出来立てかな?
出来立てほやほや(^^;
ちなみに私は海鞘は嫌いです(^_^;
by Aちゃん (2014-07-11 09:58) 

hana2014

ameyaさんへ
トロ入りの本マグロ10貫に、巻きものも。それで@3000円!
とっても美味しかったです~~

Aちゃんさんへ
今日もサエてますよ!
嫌いだなどと・・・出来立てほやほや(^^;を無理やりに!なんちゃって~♪

by hana2014 (2014-07-11 11:49) 

なつばっぱ

うわーなんて贅沢な写真がずらりと。握り寿司からホヤ 美味しそう と言うか食べたい!そして綺麗な海。hana2014 さんは 幸せを独り占め(ご主人と)してます。
by なつばっぱ (2014-07-11 13:35) 

薔薇少女

>本マグロ10貫に、巻きものも。それで@3000円
滅茶苦茶安いですね!いつも安い冷凍物の鮪しか食べた事無いから
何とも言えないのですが・・この値段なら食べてみたいですね!!
私は一番好きなのは鮑と雲丹でぇ~す(⌒-⌒)
海鞘は食べる機会もないし食べた事無いけど、多分好きだと思います。
>何もないところなど面白くない
幼い時から海を見るのが好きでした♪
何も無くても海が見えればそれだけで嬉しかった物でした。
それが思春期になったら、家族では無い誰かと一緒に海が
見たくなりました。
という訳で(どういう訳だよヾ(▼ヘ▼;)オイコラ!)
新婚旅行は、私の独断と偏見で、その頃、NONNOのブライダル
企画記事に掲載されてた【八丈島】に決定!!
その頃、拓郎の『結婚しようよ』が流行っていたのが印象的だった。
その年の6月、拓郎は六文銭メンバーの四角佳子と結婚したのだった。
拓郎はリアルで出逢った(職場で)初めてのカッコいい歌手だったので、
ずっと憧れて居ました(*"ー"*)フフッ♪
by 薔薇少女 (2014-07-11 14:50) 

ソニックマイヅル

本場のマグロ三昧はもう脱帽しかございません。是非とも頂きたいです。マグロは大好きなんです。^^;
by ソニックマイヅル (2014-07-11 16:38) 

hana2014

なつばっぱさんへ
これだけ読んだら、そう思われるでしょうけれど。。
大きな不幸がドーンとありましたので。もしかしたら死んでしまっていたかもしれない私。
不自由をえてしまった身体が、ここまで回復するのにもまる9年かかった訳ですし・・・
それでも面倒がらずに、どこでも連れて行ってくれる夫には感謝しなくてはいけませんね。

薔薇少女さんへ
でもお昼に@3000円はチョッと贅沢かと…その為に前夜は激安ホテルに泊まったのです。メリハリをつけています。
私も、ウニとアワビは好き♪
要するに・・・アルコールに合うものは皆好き!
姉さんは海の近くで育ったのですものね。そうではない私も、海は好きですよ~
この歳になると、見ているだけ心がで和む、癒されますね~~
NONNOのブライダルにウケました(笑)
あの頃はNONNOと、ananは必読の一冊。
何んと言う、偶然!
下書きをしておいた…今夜アップする記事に、拓郎の歌が♪
特にファンではなかったけれど・・・可愛い顔と、しわがれ声、広島弁のギャップが良かったのでしょうね。
拓郎の「結婚しようよ」、それと「旅の宿」は印象に残る。皆で盛り上がる時のお約束の曲でした。

ソニックマイヅル さんへ
昨年の大間マグロが不消化でしたので、リベンジをしてやりました。
どちらも遠い、遠すぎますね。

by hana2014 (2014-07-11 21:40) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0